dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.02(Tue) 14:45
うちのすぐ近くに農場があります。
この農場は隣の市の青年刑務所の所有です。
ここで働いているのは、服役中の青年達。
だけど、入り口の門はいつも開いているし、鉄格子で囲われているわけではありません。
一見普通の農場です。

この農場では春先にはお花を、夏から秋、初冬には季節の野菜を作っています。
ここで取れた野菜は一般市民に売られています。

アイスベアは夏になるとここでよくサラダやトマトやズッキーニなどなどの野菜を買います。
値段はとっても良心的。
例えば、サラダは一つ50セント。
ただ、この農場は、予算の関係で、高い肥料とか農薬を買えないらしいので(噂です)、野菜の大きさもまちまち、サラダにはよくナメクジのウンチがついています。
つまり今流行のBio野菜って訳ですね。

この土地でその日に取れたとても新鮮で安心な野菜が良心的な値段で買えるってだけで魅力的なのに、ここは、実はいろいろおまけしてくれるんです。

「サラダ一個」と言えば、サラダを1個、時には小ぶりだからって2個もおまけにもらえたり、
「チェリートマトを500グラム」と言えば、700グラムくらい籠に入れてくれたり、
時には珍しい品種の野菜をお試しにもらったりとメチャ得した気分になります。

味も美味しいんですよ。
きちんと野菜の味がします。

今日もアイスベア、刑務所の農場へ行って来ました。
買ったのは、玉ねぎ3キロ(↓ 注:4キロくらいあります)、サラダ、ムラサキのパプリカ、チェリートマト、なすび。全部で6ユーロ20セントでした。



こちらは先日行った時のもの。
デッカイトマト二つはおまけでした。
全部で5ユーロだったかな?

26August08-02.jpg

残念なのは冬の間はほとんど収穫がないこと。
冬になると、青年達はどうやら、春先用のお花の苗を育てているようです。

さすがに、農場の写真は撮る勇気がありませんでした(笑)

スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(8) 
Category:食べ物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

安心ね!

刑務所というからには、きっと手を抜かずに栽培してそう。BIOならなおさら安心だし!

価格もよいし、採れたて野菜を食べられてラッキーv-22

NAME:ようかん | 2008.09.02(火) 20:20 | URL | [Edit]

 

おもしろーい。
モノを育てるなんて、きっと情緒面で服役者にはすごくプラスになるでしょうね。
いいなあ、そんな場所が近くにあって。
私パプリカって粉末のものしか見たことがありません。
どんな形でどんな風にお料理するんですか?

NAME:みき | 2008.09.03(水) 22:38 | URL | [Edit]

 

ようかんさんへ

今時のスーパーでは何でも売られていて便利ですが、やっぱり新鮮度が、刑務所の野菜の方が数段上です。口コミで広がっているようですが、結構買いに来ている人もいるようです。

NAME:アイスベア | 2008.09.04(木) 06:18 | URL | [Edit]

 

みきさんへ

ここの青年達は長髪でワル風だったり、刺青があったり、時にはとっても普通の人もいます。農業やるには???と一見思うのですが、結構真面目に農作業しているんです。

ところで、みきさんパプリカって生の野菜を見た事ないというのは本当ですか?イギリスでは売ってないのですか?それともみきさんが素通りしているだけ?
ピーマンのデッカイ版で色も赤、黄色、緑とあります。ドイツでは主にスペイン産かオランダ産を売っています。

パプリカはそのままサラダに入れて食べたり、オーブンで焼き野菜として、フライパンでグリルしてお肉の付け合せに、カレーに入れたり、中華風炒め物に、と食べ方色々です。
今度気が向いたら野菜のパプリカ、試しに食べてみて下さい。

NAME:アイスベア | 2008.09.04(木) 06:28 | URL | [Edit]

 

うん、話を聞くだけでもおいしそうな感じがする。
なすびだって、きゅうりだって、スーパーにならばない、規格外の曲がったものなんかの方が美味しそうな感じがする。
道の駅とかで買うお野菜って美味しいもんなぁ。

ところで、話は全く表題とは異なるのですが・・・。

ベルリンっ子って、音にとても敏感で、鼻をすする行為(音)はとても嫌がられるとTVでやってました。
これは、ドイツ全般にですか?
ベルリン旅行でそういうことを感じたことがあったかなぁとふと思いまして。

NAME:もろあい | 2008.09.04(木) 16:55 | URL | [Edit]

 

アイスベアさん、パプリカってピーマン(ペッパーとイギリスでは言います)のことだったんですね。
調べたら、それ(特に赤いもの)を乾燥させて粉末にするって書いてありました。
てっきりパプリカって香辛料が別にあると思い込んでいました(笑)。
勉強になりました、ありがとうございます。

NAME:みき | 2008.09.06(土) 09:29 | URL | [Edit]

 

もろあいさんへ

ベルリン旅行の時は、ベルリンっ子が音に敏感なのかは感じませんでした。意識していなかったのもあるでしょうけど。
ドイツ人全般に関して、というより、うちの夫や夫の家族に関して言うと、鼻をすする音を嫌うのをあからさまに見たこと聞いたことはないです。鼻をすすると、親切心からティッシュペーパーを渡されたりはしますけど。
ドイツ人は大胆に人目も気にせず、鼻か見ますからね、鼻をすすると目立つのでしょうね。
スパゲティやスープを音をたてて食べる飲むのは嫌がられますけどね。

NAME:アイスベア | 2008.09.08(月) 14:45 | URL | [Edit]

 

みきさんへ

みきさん、やっぱり、パプリカを見た事ないなんてことなかったんですね、何故か安心しました。
英語ではパプリカではなくペッパーなんですね、こちらこそ勉強になりました。

NAME:アイスベア | 2008.09.08(月) 14:48 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。