dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.12.19(Wed) 20:30
車の接触事故から約一週間ほど経った頃、
次なるアンラッキーが起こりました。
この写真をご覧になって下さいませ。



車の窓ガラスがドアの中にがたーんと落ちてしまいました。

あの日は、朝の気温がマイナス15度で、
車は外というより、内側の窓に霜が張っていました。

私の場合、長距離運転というより、ちょっとそこまで運転する事が多く、
しかも、子供達を乗せたりすると、
濡れた靴やら濡れた上着で
車の中の湿気が一気にアップ。
それが凍ってしまって、窓ガラスにびっしりと霜が張り付いていたのです。

フロントガラスの内側の霜をガリガリゴリゴリとこすって、
それが終わっても、まだ横の窓に氷がはっていまして、
事故の後だっただけに、このままでは安全運転は出来ない!と
慎重になっていまして、窓をガリガリするも
あまりに重労働で
窓が凍ったまま出発したら、
走行中は窓を開けて車が来ていないかどうか
確認しないとなって、ふと思ったもので、
それで窓を開けてみようかって気持ちになったのですが、
それが余計なことだったようです。

何度か開けたり閉めたりとスイッチを押したんですけどね、
なんかの調子に何だかいつもの音じゃなくなったんで、
「あ、やば・・・窓を開けたものの閉まらなくなったら
この気温じゃ困るわ」ってそのまま触らないようにしたのですが、
夕方に車を出した時に、何かの拍子に
ガタン!と窓が見事にドアの中に落ちてしまい、
動揺したまま家に到着。

もう日も暮れて、雨が降ったりやんだりのお天気で
急いで窓にビニールを貼りました。

翌朝、修理工場に行く前の写真が上の写真です。

ぎりぎりセーフでその日のうちに修理してもらったので、
こんなビニール窓で移動したのは短い距離でした、
あー助かったー。

しかし、私と車、お祓いでもしてもらった方がいいのでしょうか?
まあ、マイナス15度の中、青空駐車されちゃったら
車だって悲鳴をあげるのかな。

修理代、〆て138ユーロでした。
この次期、痛い出費でした。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

フランクフルト生活情報





スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

ガーン・・・

なんて言うか、もう、ガーン…。。。
土日挟んでたらさらにガーン。
その日のうちに修理してもらえてよかったですね。
悪い事があれば、いい事が待ってます☆

NAME:メェ | 2012.12.20(木) 15:01 | URL | [Edit]

 

メェ

そうなんです、もう、ショックでショックで、大分深いところまで落ち込みました。
メェさんに優しい言葉をかけてもらって嬉しい限りです。

後は良い事が起こるのを待つばかり!
このまま無事に年が越せますように・・・。

NAME:アイスベア | 2012.12.21(金) 11:49 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。