dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.10.01(Mon) 10:27
秋も本番、段々気温も低めになって来ました。
もう、思いっきり季節はずれですが、
約一ヶ月前に行ったトルコのホテルの
ある日の夕方のお食事の様子をレポートします。

私達が主に通ったのは、
ビュッフェスタイルのメインレストラン。

たまたまこの日はお魚がテーマの日だったようです。

06September2012-21.jpg


入り口にあった生の大きな魚とか、
(しかもまだ血が滴っていた・・・・)
エイリアンのようなイカのオブジェは
ドイツ人にはかなりグロテスクだったんじゃないでしょうかねぇ。
私の場合は、うわぁ~、美味しそう、
この後、どうするんだろう、私貰って帰りたい、
などと、ごくごく一般的な日本人の反応でした。

06September2012-12.jpg

06September2012-13.jpg

前菜とサラダのコーナー。
はっきり言って、この最初の段階でもうお腹は8割方満腹になります。



暖かいお料理。
魚、肉、野菜といろんなお料理がズラズラッと並んでおりました。

子供用として別の場所に、子供が好きそうなお料理オンパレードのコーナーがありましたし、
毎日、パスタとトマトソースとフライドポテトは定番料理らしく、
いつもの場所にあり、若者中心に賑わっていました。

バルコニーにはグリルがあって、
魚や肉が毎日ジュージュー焼かれていました。

06September2012-14.jpg

ひとしきりサラダを食べた後の私のメイン料理。
焼き魚とトルコのご飯。
日本のご飯とすごく似ているのですが、
塩とオイルで炊いてありました。
「ここにお醬油と大根おろしがあればなー、もう言う事なしなんだけど。」

あっ、それから、焼き魚をナイフとフォークで食べるのって
すんごく不便でした。
「お箸もあったら、120パーセント満足なんだけどなぁ」

日本人はどこに行っても日本人なんですね。

もちろん、お魚はすっごく美味しかったです。


さて、美味しいお魚の後はデザートです。
デザートは別腹ですからね、
どんなにお腹がいっぱいでもデザートももれなく食べていました。

06September2012-16.jpg
06September2012-15.jpg
06September2012-19.jpg
06September2012-17.jpg
06September2012-18.jpg

美味しそうなケーキがどうだすごいだろ?と言わんばかりに
並んでいまししたが、
残念ながら、乳製品を食べられないので、
半分以上のデザートは見るだけでした。

その代わりに、トルコのあまーいあまーいデザートが
実はクセになる味で、そっちの方をせっせと食べておりました。

フルーツだって、新鮮なものが毎日山積で
ふと手に取ったイチジクがすごく美味しくて、
ホテルでは毎日イチジクを食べていました。

06September2012-20.jpg

私のデザートです。


子供達は、あれだけ選択肢があるのにも関わらず、
毎日ほぼ同じようなお料理を食べていました。
そして、こんなに沢山のデザートがあるのにも関わらず、
毎日同じチョコプリン(ドイツのチョコプリン=チョコカスタード)を食べていました。


ホテルには、メインレストランのほかも
アラカルトのレストランが3,4つありました。
午後の数時間だけ開くケーキ屋さんもあったし、
スナックバーとか
ファーストフードっぽいスタンドとか、
食いっぱぐれる事だけはなかったです。

一つ、面倒くさいなぁーと思ったのは
一応、5つ星ホテルだったので、
ふらぁ~と水着のまま入れるレストランは限りがありました。
ランチの時間は水着を着たまま食事する事が多かったので、
我が家族はランチはいつもスナックバーで済ませていましたっけ。
ここのスナックバーにはケンタッキーそっくりのフライドチキンがあったので、
それが食べたくて通い詰めたという話もあります(笑)

それにしても、3食デザート付きで食べ放題、あーなんて楽な一週間だったのかしら。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


フランクフルト生活情報







スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:旅行 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

豪華☆

いいですね〜、のんびり、ゆっくり♪
お箸、醤油、大根おろしわかります!!!
私も今度からアジア以外の旅行に行く時はmy箸を持って行こうかな、と思ってるところです(笑)

NAME:メェ | 2012.10.01(月) 20:00 | URL | [Edit]

 

メェさんへ

本当に、極楽で幸せな一週間でした。
今となってはもう遠い昔の事のよう・・・。

いや、まじに、お箸だけでも次は持って行こうか・・・とか考えます。
(でも、これは自分で洗うんだよなぁ・・・)

NAME:アイスベア | 2012.10.02(火) 14:01 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。