dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.04.24(Tue) 09:07
先週末に実家に行って来ました。
実家は、去年暮れに義理父が老人ホームに入って以来、
誰も住んでいない状態です。
主がいない家って何とも淋しいものですね。

義理父の自慢の熱帯魚(デカイ水槽二つ分!)は
引き取りたいという人に引き取ってもらい、
庭の池の金魚やコイもこれまたつい最近
引き取られて行ったようです。

それでも、実家の中は、義理父の身の回りのものを除いては
ほぼそのままの状態です。
時々近くに住んでいる義姉が実家の様子を見に来ているようですが、
先日、ついに、義理父が長年育てていたサボテンが
ダメになってしまいました。

22April2012-01.jpg


実家のサンルームにサボテンは静かにたたずんでいました。
生きていた時は、緑色だったのですが、すっかり茶色に変色していました。
水遣りはそれほど必要ないので、多分、サンルームがサボテンには寒すぎたのでしょう。

夫と義姉でサボテンをのこぎりで切って細かくして、せっせと処分していました。

このサボテン、写真を見ていただくと分かりますが
かなり背が高く、恐らく2メートル以上はあったでしょう。
こんな大きなサボテンは普通の車では運べません。
しかもとげとげがあるので、扱いにくいし。
やはり、この大きいサボテンは、実家でその一生を終える運命だったのでしょう。

22April2012-02.jpg

あっけなくいってしまったサボテンの居ないサンルーム。
サボテンに加えて、他のかれてしまった植物たちも一緒に処分されて、
ちょっと殺風景になりました。


我が家のカオスな状態を思い浮かべ、
生活はシンプルにしておいた方がいいなと実感したのでありました。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


フランクフルト生活情報






追伸 義理父さんは元気です。
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

こんばんは。

実は、結婚当初、友人から、
↑同じくらいの大きさのサボテンをいただきました。
さすがの私でも、サボテンは枯らさないだろうと。。。
私も枯らさない自信はありました。(笑)
ところが!5年後、事件は起こり、
それから私は「サボテンを枯らす女」と
友人達から言われ続けています。。。おしまい。^^

NAME:poteto | 2012.04.24(火) 14:03 | URL | [Edit]

 

potetoさんへ

5年後、何かサボテンに変化があったのですか?
それとも水のやり過ぎ?
サボテンでも、水やりが必要なんですよね?

そういえば、うちの次男もサボテンを枯らしました。
サボテンって、育てるの意外に難しいのかもしれませんね!?


NAME:アイスベア | 2012.04.26(木) 16:04 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。