dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.12.01(Thu) 08:54
12月に入りましたね。
街も学校も店もあそこでもここでも、クリスマスモードに更に突入!ですね。

そして、ここに、一人深いため息をつくおばさんが・・・・。


私の事なんですけどね。


まだ12月1日だというのに、もうウンザリ・・・気味です。

本来クリスマスって、キリスト教徒がキリストの誕生を祝うお祝いですよね。
自称仏教徒の私には関係ない行事。
でも、ドイツ人の旦那を持った関係で、
クリスマスイブの日には実家にプレゼント持参でクリスマスをお祝いするようになって、
早11回目のクリスマスがやって来ます。
あっ、日本でだって、会社勤めしている時は、クリスマスケーキ買って、一人で全部食べてたっけな。

話はそれましたが、
夫の実家でクリスマスを祝うようになって、
すでに10回クリスマスを過ごしているはずなんだけど、
その間、夫や夫の両親や姉がクリスマスに教会に行った覚えがあるのは、ほんの数回かな。
(夫はゼロ)
24日にみんなでクリスマスディナーを食べて、
そこそこの時間になったら、プレゼントを開けて、
後はテレビを観ておやすみなさい~、って言うのがいつものパターン。
本物のモミの木のクリスマスツリーがあったり、
家中クリスマスの飾りがされていたり
クリスマスクッキーやシュトーレンがあって、
もう雰囲気はバッチリ。
最初は私も何だか感動しました。

それが、子供が生まれてから、
ちょっとずつ何かが変わって来た。

11月も後半くらいになると、義理両親と義姉から
「子供達のプレゼントは何がいいかしら?」攻撃の電話が絶えずかかってくるように。
毎年、それはそれは、いろんなオモチャを頂きました。

義理母と義姉は、
両親の私と夫の意思をすごく尊重してくれて、
私達がOKしないものは買わない代わりに、
とにかく、「何がいいの?!」の質問にいつしかウンザリするようになり、
電話に出るのさえ億劫。

しまいには、「このアイデアはどうかしら?」と
私は全然気に入らない。
そこで、中に入る夫が私を説得にかかり、
「彼らにも何か子供達が喜ぶものをプレゼントするモノが必要なんだよ、
だから、OKでいいじゃないか?」
最後は無理やりJaと言わされる結果になったり・・・。

超ピークの年はプレゼントが
義理両親から
義姉から
義兄からそれぞれもらうわけで、
それも複数のプレゼントな場合がほとんど。
子供が2人それぞれにもらうので、
一体どんだけのオモチャがこの時期一気に増えた事だろう。

子供達だけではなくて、私や夫に対しても、
「あなた達へのプレゼントは何がいいかしら?」の質問が何度も何度も繰り返されて、
私にはこれってストレス以外の何物でもないような状態。

今では、それもちょっと変化して来て、
私達夫婦は義理父から現金のプレゼントが多くなり、
義姉とは何も贈り合わない事にお互い話して決めた。
時間とお金が節約できますから。

だけど、相変わらず、子供達にはなにかオモチャを贈りたがる義理父と義姉。
理由は簡単、その場では子供達すごく喜ぶから。


はっきり言って、うちの子供達、もうこれ以上必要ないくらい
オモチャは部屋に溢れかえっていて
しかも、ゴミにしてもいいようなものも多い。

母として本心を言わせてもらうなら、
図書券とか、上等な靴とか、服とかそういう実用的な物が一番嬉しい。
現金だったらもっと嬉しい。
子供達が将来、家から遠い大学にもし行く事があれば、
お金はいくらあってもいいものだし。
ただ、子供達にとっては嬉しくないだろうけどね。

最近、また義姉から
「N(長男)のプレゼントは何がいいかしら?
早く買わないと、お店で売り切れのものとか出てくるし。
私も早く、クリスマスショッピングのストレスから解放されたいし。」
(最後の一言は余計です、けど、これが一番の本音だと思われます)

贅沢な悩みなのでしょうけど、
あ~クリスマスがいっその事やって来なかったら
12月はどんなに平穏な毎日が過ごせるだろう、って思います。
買わなくちゃ、焼かなくちゃ、飾らなくちゃ・・・etc.の義務感から解放されるのは気持ちがいい事ではありませんか!

こういう風に思う自分を考えるにつけ、
クリスマスって何かちょっと本来の意味と違うよなぁって・・・。

あ~あ、クリスマスが終わるまで冬眠したい気分です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


フランクフルト生活情報
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:つぶやき 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。