dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.03.25(Fri) 15:35
地震・津波から2週間がたちました。
自分が自分でなかったような怒涛のような2週間でした。

24Maerz2011-01.jpg
放って置いても毎年花を咲かせてくれる律儀な球根達が大好きです。



ドイツでは、日曜日から夏時間になります。
日もぐんぐん長くなり、
気温も今日は15度以上まで上がるみたい。
お日様もぽかぽか、いろんな球根類が花を咲かせていて
春の到来を告げています。
耳をすませば、鳥の鳴き声が聞こえます。
東北地方で起こっていることが嘘の様な平和な金曜日の午後を過ごしています。

段々とインターネットにかじりついている時間も少なくなりつつあり、
自分でも異常だなと思うくらい
日々心配事で頭がいっぱいで、
何も手につかずの状態でしたが、
少しずつ、落ち着いて来た様な気がします。

気分が落ち着いたせいなのか、
それは気のせいなのか、
花粉症が今日はひどい。

いつも薬を飲んでいるので、
昨日まで比較的楽に昼間過ごせていたのですが、
今日の春の陽気で花粉が一斉に飛び交っているのでしょうか、
薬だけでは、ちょっと限界な状態。

で、強力な助っ人参上。

25Maerz2011-01.jpg

これは鼻の穴の入り口約一センチのところにクリームを塗ると、
クリームが鼻の中に保護皮膜を作り、花粉などをキャッチして、
花粉の吸入を防止するのだそうです。
無香料、無着色、保存料無しだそうで、妊婦さんや子供も大丈夫なんですって。

日本の友人が送ってくれたのですが、
これは何だか効いているみたいです。
さっきから鼻のムズムズがちょっと抑えられている感じ。

こんなアイデアを生み出す日本、すごいじゃないですか!
こんなすごい日本だから、きっと原発を0ゼロにしても
公害も起こさずに安定して電気供給が出来るようなアイデアも出て来そうな気がしませんか?

福島原発の事故、今なお予断が許せない状況のようです。
被爆覚悟で作業にあたっている方々の苦労を無駄にしてはいけません。
首都圏の水道水に基準を超える放射能の数値が出た時、
皆さん、どんな心境だったのでしょうか?
自然は私達に恵みを与えてくれますが
時として牙をむく事もあります。
私は今回の災害で、人間は自然に生かされているんじゃなかろうかって思いました。
地震と津波の後、制御できなくなった原発。
希望の光は見えつつあるものの、作業は簡単ではないようです。
人間が作り出した原発だけど、今なお放射能汚染を振りまいている状態です。

ああ、こんな事を書くつもりじゃなかったのですが
つい指が動いてしまいました。

私は何の知識も無い、普通の専業主婦ですから、
きっと間違って居る事もあると思いますが
子供達の子供達のそのまた子供達の未来を考えると
やっぱり原発は0ゼロにしたいと思わずにはいられません。

被災した方々が一刻も早くもとの生活に戻れますように。
福島原発の問題が一日も早く解決しますように。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フランクフルト生活情報





スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:つぶやき 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

こんにちは。2度目のコメントです。
私もアイスベアさんに共感です。
人間の作り出した原発は、自然を破壊する恐ろしいものだっていう事を、今更のように、
残念ながら今回の地震、津波を経て実感でき
てしまいました。無くせるといいですね、
子供たちの未来のためにも。
もちろん、今、危険を犯して原発で作業して
らっしゃる方々の無事を祈っています。

NAME:Marie | 2011.03.25(金) 15:47 | URL | [Edit]

 

Marieさんへ

共感していただいて嬉しいです。
ここ数日、ドイツでは原発のニュース、ちょっと減ってきているような気がします。
昨日選挙があったので、今はその結果で持ちきりですからね。
でも、私は原発の怖さ、忘れられそうにありません。時間と共に忘れられて、世の中がまた無関心にならないといいんですけどね。

NAME:アイスベア | 2011.03.28(月) 09:53 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。