dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.01.11(Tue) 08:09
昨日、インフルエンザの予防接種に行って来ました。
去年の12月に一回目の予防接種を受けていたので、
今回が二回目でした。

ドイツでは、というかうちの子供達がお世話になっている小児科では
「お母さんも受けておきますか?」とアイスベアにも薦めてくれます。
インフルエンザに関わらず、Zeckeの予防注射だとか、
破傷風だとかも過去に子供達が受けるついでに打ってもらいました。

便利ですよね。
多分、私の分は私のホームドクターでやって下さい、って言われたら
予約を取るのが面倒できっとやってなかったと思います。
ちなみに、費用はかかりませんでした。
すべて保険でカバーされるようです。

小児科に関わらず、ドイツで医者に行くと
待ち時間は長いんですけどね~、
でも大概、部屋に通されます。
きちんと壁があって、ドアがあって。
問診、診察、処置は通された部屋の中で完了。
他の患者さんが話を聞くことはまず有り得ません。
(私のこれまでの経験では)

去年、日本に里帰りした時、
子供達が嘔吐下痢症にかかりまして
小児科に行ったのですが
その時は、一応仕切りはあったけど
ぺらぺらのカーテンでした。
他の待ってる患者さんからは見えませんが声は丸聞こえ。
そして、先生の背中の後ろは隣の処置室とつながっていて
他の看護婦さん達が行ったり来たりしていました。
というか、大きな処置室の中に3面だけ区切りがあって、
そこで医者が診察してくれる感じ。

それが普通だったら、気にならないのかも知れませんが
私にはなんとなく、落ち着きませんでした。
カーテンはあっても私が話している事は
その部屋にいる人全員は全部聞こえている訳です。
これってどうなんでしょうね?

あ、それと、日本のお医者さんは
すごく偉そうでした。
「俺は医者なんだぞう、偉いんだぞう」と威張っている感じ。
あくまでも子供達が観て貰ったお医者さんの話です。

ドイツで私が知る限りの医者は
わりかし普通の人っぽい感じ。
あまり威張ってるなって感じることはありません。

去年の秋に受けたほくろを取る手術の最初の診察の時に
怖がってガチガヒになっている私に
「大丈夫、大丈夫、このくらいの手術ならす~ぐ終わって全然痛くないんだよ~」と
一見強面の医者がものすごくフレンドリーに励ましてくれたので、
そのギャップに驚きましたが、ホッとしてああ、この医者ならきっと大丈夫と
ちょっと安心した記憶があります。



さて、話はもどりまして、
インフルエンザの予防注射です。
私も二回受けるんだろうなと張り切って子供と共に行った訳です。
そしたら、
「大人は一回だけですよ」
とのことでした。

思えば、インフルエンザの予防接種って受けたのは中学生以来だったっけ?
あの頃はまだ二回打っていましたから、何も疑わなかったのですが、
大人になると一回でいいんですね。

そして、ふと記憶の糸を辿ると・・・
 

more

アイスベアが小さい頃、受けた集団予防接種(何の予防接種か記憶にありませんが)では

一つの注射器を二人の子供に打っていました。
「私はだれと一緒の注射を打つのかな」って思っていた記憶がありますが、

はっきり言って
恐ろしい思い出です。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フランクフルト生活情報

スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(4) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

先日は大変お世話になりました。なんだか慌ただしくなってしまって申し訳ありませんでした。
私もインフルエンザ受けましたよ。子どもは2回、大人は1回で、ドイツと一緒です。
昔は注射器の使い回しがあったようですが、今はそんなことありません。
ヨーロッパの診察はゆっくり個室で診てもらえていいですね。

NAME:美桜ママ | 2011.01.12(水) 17:36 | URL | [Edit]

 

No title

インフルエンザの予防注射、うちは9月の終わりか10月のはじめに打ってしまいます。ちょっと遅くなると風邪を引いたり、鼻がぐずぐずいったり体調が万全ではない日のほうが多くなるので。
ほかの注射は子供が小さいときはやっぱりついでにやってましたが、最近は子どもと一緒ということがないのでついうっかり忘れてしまっています。先日も(よりによってうちの)わんこに噛まれたおかげで破傷風の更新を1年前にしていなければならなかったことが分かり、あわてて打ってもらいました。

NAME:phary | 2011.01.13(木) 12:53 | URL | [Edit]

 

美桜ママさんへ

無事にお帰りになったようですね。お疲れさまでした。
その後の旅行はいかがでしたか?
楽しい思い出になりましたか?

ドイツは今になって寒さも少し緩みました。
その代わり、雪どけ水で川が氾濫している地域もあるようです。
あの時は本当に寒かったですね。



NAME:アイスベア | 2011.01.13(木) 14:19 | URL | [Edit]

 

pharyさんへ

うちは長男の誕生日辺りに小児科の健康診断を受けに行くのでそこでインフルエンザの注射を思い出して打ってもらうパターンが多いです。
そうですよね、本来ならもうちょっと早目に打つ方がいいですよね。
また今年も長男の誕生日まで忘れそうですけど・・・。
一年に一回のことなのでついつい。

NAME:アイスベア | 2011.01.13(木) 14:28 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。