dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.10.24(Sun) 10:47
予告しました通り、「北京ダック」の報告です。

手ほどきしてくれたのは、
子供が通う幼稚園で知り合った中国人ママ。

解凍した鴨を持参で彼女の家に向かいました。

20Oktober2010-01.jpg

早速下準備を始めます。
鴨を袋から出します。
内臓はすでに処理済みなのですが、
首の辺りのリンパ??扁桃腺?か何かだと思うのですが、
それを取り除き、
肺を取り除きました。
続いて、彼女が自分で合わせた北京ダック用の香辛料ミックスとしょうが、ねぎを
お腹の中に入れて、もみ合わせました。
これが終わると首の部分とお尻の部分を専用の針で縫い合わせて、
しみこませた香辛料が出てこないようにガッチリ縫い合わせました。

次に、お鍋に水をいれ沸騰させ、
はちみつ、酒、お酢を入れさらに少し煮立てます。

この煮立てた汁を鴨に満遍なくかけるのです。

20Oktober2010-02.jpg

すると、鴨の皮がピンク色になります。
煮立てた汁は捨てずに、2回ほど鴨にかけました。

20Oktober2010-04.jpg

これで下準備は完了。
鴨を写真のようにぶら下げて、
一晩くらい置いておくと良いそうですが、
半日くらいでもOKってことで、
夕方まで我が家のキッチンには鴨がぶら下がっていました。

子供が学校、幼稚園から帰ってきて、このぶら下がった鴨が気に入ったらしく、
「ガハハハハ」
と大笑いしては鴨を珍しそうに眺めてました。
この時点で、二人とも鴨食べる気マンマンでした。

20Oktober2010-07.jpg

オーブンに入る直前の状態。

本場では北京ダック用のオーブンがあって、
鴨をつるした状態で焼くのだそうです。
でも、ここはドイツ、家庭用のオーブンでは鴨はネンネさせてオーブンに入りました。



そして、焼き上がりはどうなったかと言うと・・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フランクフルト生活情報

 

more

すみません、すみません、すみません!!

写真が撮れませんでした。
・・・というか、撮れる様な状態ではありませんでした。

焼き上がりは、こんな感じ。
↓せめて絵にしてみました。


北京ダック

かけたはちみつ湯のお陰で、
美味しそうな色に焼けました。

焼き上がった鴨を目の前にして、
「さぁて、どうやって切り分けるんだろう・・・」
という疑問が。

とりあえず、胸のフィレ肉を切り取ろうと思ったのですが、
鴨はできたてでアツアツ、素手で触れないし、
包丁で切ってみたり、
鶏はさみで切ってみたり、

まったく要領を得ていなかったので、
何だか、お肉がぐちゃぐちゃで
とてもとても写真にする気になりませんでした。

20Oktober2010-03.jpg

どうにか切り分けたぐちゃぐちゃの北京ダックを
上の写真の鴨餅とよばれるものに北京ダックソースをぬって
きゅうりとねぎを細切りしたものと一緒に巻いて食べました。

お肉のみかけはいまひとつだったけど、
美味しく頂きましたよ。

そして、今回、買った鴨が小さ目の鴨だったので
次からはもうちょっと大きい鴨を買うように、と
中国人ママに指導されました。


彼女の秘伝のスパイスをあと二回分くらい頂いたので、
次は、もっと大きい鴨で、もっと上手に切り分けられるように頑張ります!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フランクフルト生活情報



スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(4) 
Category:お料理 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

No title

ドイツ暮らし。いいですね。

実は私たち夫婦も(私は夫)ドイツに移住したいな~と
密かに考えております。

元々は田舎暮らしをしたいと考えていたんですが、
それならいっそ!ってことで。
たまたまドイツには私の友人がツアー会社を経営していまして
去年彼が当家に泊まったときから、ドイツ移住を漠然と憧れています。

アイスベアさんは、ドイツ南部のどのあたりの住んでいらっしゃいます?
(支障のないレベルでお教えください)
ドイツの物価ってどうですか?
今ユーロ/円だと暮らしやすいでしょうけどね。
日本人が現地で職を見つけるって大変でしょうか?
(もちろん田舎だったら大変なんだろうけど)

すみません。いきなりの不躾な質問。
また、御邪魔します。

NAME:通りすがりのおっさん | 2010.10.26(火) 07:02 | URL | [Edit]

 

通りすがりのおっさんさんへ

コメントありがとうございます。
ドイツ移住を考えていらっしゃるのですね。
私はSchawaebisch Hallの近郊に住んでいます。
ここはとても田舎です。

ドイツの物価は、食料品、生活必需品などは、比較的安いと思います。
でも、贅沢品は高いです。
円高の今、日本円がたくさんあるといいですよね。

日本と比べるとドイツでは時間の流れがのんびりしているように感じます。
日曜日はお店が閉まっていて、家で家族と過ごす事が多いです。
週に一回くらい家族とのんびりだらだら過ごすのも悪くないですよ。

職を見付けるのは、難しいのではないでしょうか。
私自身、ドイツで働いた経験がないので、
あまりアドバイスは出来ないのですが、
聞いたところによると、就労ビザを取るの、難しいとか。

あまり役に立たないアドバイスですね、すみません。
私でお答えできる事がありましたら、また何なりと質問して下さいね。
頑張って下さいね!

NAME:アイスベア | 2010.10.28(木) 06:40 | URL | [Edit]

 

No title

遅くなりました~
なかなかの仕上がりだったようですね。
蜂蜜とお酒と酢をかけるんですか?!
ローストチキンとはやっぱり違うんだ(笑)

出来上がり、写真が見たかったけど残念でした。
焼きあがったところを撮っておけばよかったですねえ。

中国で一応北京ダックの夕食がありました
ほんのちょびっとの量で、鴨のほうが添え物みたいだったけど、コックがテーブルを持ってきて、そのうえで鴨を切ってくれてました。
包丁を使って、削ぐように細く小さく切ってましたよ。

次回は包丁で切ると上手くいくかもしれませんね。

NAME:くろろ | 2010.11.01(月) 12:33 | URL | [Edit]

 

くろろさんへ

せめて出来上がった写真をとっておけばよかったです。
あの場ではお腹を空かせた子供、旦那が居たので、
もうそんな余裕もなく・・・。
本場の北京ダックを食べていらっしゃったのですね。
鴨って食べれる部分が少ないですよね、鴨が添え物みたいだったっていうの、よく分かります。
お味の方はどうでしたか?

NAME:アイスベア | 2010.11.03(水) 21:48 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。