dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.10.19(Mon) 13:15
先日ネズミが家に出ました。
詳しくは、こちら

今日は、何かの小動物の形跡を発見。
場所は屋根裏。
ここは物置として使っているのですけど、
最近とっても寒いじゃないですか、ドイツ。
子供達の冬服がまだ一部屋根裏にあったので、
それを取りに上りました。



すると!


不要となったベビー用品を保管しているビニール袋が噛み千切られていました。
よーく見ると、小さい小さいフンのようなものを発見。



「こ、これは!!!」



つい最近のネズミ出没の事がまだ記憶に新鮮なまま、
またもや、ネズミがぁぁぁ!!??

すごくショックでした。
前回のネズミは何かの拍子に紛れ込んだものと思っていたのですが、
もしかして、本当に我が家に住んでいるのかしら!!??


ええ、こういう時のアイスベアの行動パターンはですね、
まず、夫に電話する、です。
ちなみに夫、またもや出張に出かけて、
今週はまるまる居ないのです。
こんな時に限って・・・・って、最近あったパターン。


夫は、この小動物のフンがどのくらい大きいのか
(または小さいのか)すごく質問するのです。
それで、どの種類の動物なのかを突き止めたいらしいのですが。

アイスベアにはネズミの糞にしか見えなかったのですけどね。
だって、他の動物ってどんなのがいるのよ?

しまいには、ネズミ事件でお世話になった
隣の旦那さんにフンを見てもらえ、それで、どの動物か判定してもらえ!ですから。

「あの~、忙しい所、申し訳ないんですけど、うちの屋根裏のフン見てもらって、
これがどの動物のフンか教えて頂けますか?」
なんか、とっても間抜けじゃないですか?

取り合えず、ネズミ捕りでも買おうかと売っていそうな店に行ったわけですよ。
で、行った店にはなくて、帰りに寄ったスーパーで意外にも、
あのクラシックなネズミ捕りのわながあったのでひとつ購入。

家に帰ると、神様のお導きとばかりに、お隣の旦那さんが車のお掃除をしていました。
お隣さんは、向こうから声をかけてきてくれて、
「もうネズミはいないでしょ?」と冗談を飛ばしたのですが、

ここで、アイスベア、このネズミの話題に待ってましたとばかりに食い付きましたよ。

「どうも、屋根裏にネズミがいるみたいなんです・・・」
「!!!」

お隣さんちょっと驚いていました。
何故ネズミがいたと思うのかを説明したところ、

「それはね、きっと、Siebenschläferだよ」
「それは何!??」

Siebenschläferとは、ねずみじゃないけど、似たような小さい動物だそう。
お隣さん曰く、「ネズミだったら、どっちかと言うと、屋根裏に上がるよりも地下にもぐると思うから、
ネズミじゃないよ。」

更にお隣さんの話は続く
「うちの娘もよく屋根裏の物音を聞いていたらしいよ。
Siebenschläferは屋根を伝って、屋根裏に入って、走り回るんだよ」

シーベンシュレーファーとは何ぞや??
初めて聞いた名前だったので、調べてみました。

300px-7schlaefer.jpg

こんなんだそうです。
ネズミとリスの合いの子みたいな・・。

で、お隣さんはこのSiebenschläfer対策を何かやっていたかと言うと、
なーんにもやっていなかった

そうです。
冬の間は屋根裏にいるけど、夏になったらどこかの森に出て行くよ、とのこと。

「じゃあ、私も特に何もするべきじゃないって事ですか?」

お隣さん、笑ってましたけど。

夏になったらって、つい最近冬が始まったばかりなのに~。


余談ですが、このSiebenschläferは
Tiere des Jahres 2004(2004年の動物)だったそうです。

これから、夜な夜なこのSiebenschläferの運動会の模様を聞きながら眠る日が待っているのかしら?


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



クリックよろしくね。



スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

え?ももんが?リス?
でも、どちらもねずみに近いような・・・。
でもかなり森の近くに住んでいるんですね。

我が家はねずみに悩まされていて、毎年恐怖ですよ

NAME:ゆりだん | 2009.10.20(火) 06:34 | URL | [Edit]

 

ゆりだんさんへ

お互いねずみには苦労しているんですねー。
夫が家に居ればいいんですけどね、夫の留守を知っていたように出没するのはやめて欲しいです。

NAME:アイスベア | 2009.10.21(水) 15:50 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。