dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.10.01(Thu) 21:24
今日は大変疲れた午後でございました。

と言うのもね、まずはじめは長男、
バスの定期券を失くしちゃったのです~!!

定期券は月毎なので、今日から始まったばっかりの10月の定期券だったんです。

失くしたのは多分、行きのバスの中だったみたい。
だいたい、定期券は、お財布に入れていて、お財布には紐が付いているので
首からぶら下げておけば失くすはずがないのに・・・・。

恐らく、バスの中で遊んでいたんじゃないかな・・・と見た。
しかし、授業が始まって、2週目なのに、もうこんなドジやらかす長男。
誰に似たんだろう??
きっと夫だわ。

10月からは週一で午後も授業があるので、ランドセルは教室に置いて来たんだって。
そんな訳で、お昼ご飯の後は、学校に戻って、ランドセルの中を定期券探し。

もしかして見付かるかも・・・というはかない希望も砕け散り、
バスのお客さまセンターへ最後の望みをつないで車を走らせるアイスベア・・・。
(注:お客さまセンターっていっても、おじちゃんが一人でやっているオフィスです)

今朝のどこどこ行きのバスに定期券を忘れたみたいだけど・・って話したら、
意外ですが、見付かったんですよ!!
こんなに早く!!
ああ、よかったぁーと、ホッとしました。
ただし、このバスが戻ってくるのが午後4時過ぎなので、
一旦家に戻って出直しです。

家に帰ったら、今度は次男のネンネのお供のぬいぐるみがない!!
確かに、車の中に持ち込んだのは知っているけど、
バスの定期券紛失事件でパニックになったアイスベアは
次男の持ち物まで気が回らなかったんです。
(多分)次男の命の次くらいに大切なぬいぐるみが無くなったぁ!!

これから次男を寝かせたり、泣いている時になだめたりする時、あれが無いと
すっごく困るだろうなぁー、しかし、一体どこで無くしたんだろう??
とまたしてもパニック!!

それからは、長男を午後の授業に学校まで車で送り、
(バスの定期がないからバスに乗れません、
というかお金払うのをためらったアイスベアってケチ?)
買い物の予定があったので、買い物を済ませ、
そうこうするうちに長男のお迎えの時間。

そして、再びバスのお客さまセンターへ。
5時には閉まってしまうので、車を止めて、早歩きで息子達二人を
引きずって連れて行くアイスベアの顔はさぞかし怖かったろうなー。

お客さまセンターでは、明らかに私の方がタッチの差で早かったのに、
アメリカ人らしき観光客に先を越された!!
で、戻って来ました、定期券。
中に入れていた小額だったけどお金もそのままでした。

ダメもとでなくしたぬいぐるみがもしかしてここに無いだろうかと
聞いてみたら、あった、あったあったんですよー。
いやー、あそこの棚は魔法の棚だわ、失くした物は全部あの棚を見るといいかもしれないわ、
ってマジで思いましたよ。

まーったく、本当に、母さん今日はどんだけ冷や汗かいたか分かんないよ、息子達よ!!

二人の息子達は、定期券が出てこなかったらかなりの出費になるという罪悪感も
ネンネのお供を一生なくしてしまうかもしれないという恐怖も
ケロッと忘れてのほほんとしていました。
キミタチには緊張感と言うものはないのかい?

ま、終わりよければすべてよしってことにしよう。

今回のキミタチのドジな紛失事件2件はブログのネタにするってことで、
母さん忘れてやるよ。
転んでもタダでは起きないとはこの事です。

帰りは夕食に中華をテイクアウトしましたとさ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ








スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:つぶやき 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。