dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.09.21(Mon) 10:26
長男の小学校入学式が金曜日に無事終わりました。

今日から長男はピッカピカの一年生で7時半のバスに乗って小学校へ行きました。
朝、バス停まで長男を送って行くと、
やっぱり同じ新一年生とその親がバス停に来ていました。
みんな考える事は同じなのね・・

さて、小学校の入学式は、日本のとは大違いでした。
最初に教会でミサがありました。
「神様はいつでもどんな時でも君と一緒にいるんだよ」みたいな内容のお話がありました。
賛美歌を歌い、在学生のグループが笛を演奏したりと一時間弱で終了。

その後小学校の体育館で入学式です。
校長先生のお話は、ものの5分くらい。
若い校長先生でとてもフレンドリーな感じでした。
「キミ達がボクと話したい事があったら、いつでもボクの部屋に来ていいんだよ」

校長室ってとても敷居の高い場所というイメージがありますけど、
この校長先生はとってもオープン。

入学式も日本のように儀式的ではなく、
エンターテインメント色が強く、
校長先生のお話の後は、
在校生による歌と踊りと劇。
退屈している子供はいませんでしたよ。

それにね、あの小学校の入学式に来ていた教師、親、親戚の中で
うちの夫だけが、唯一のスーツにネクタイ姿のパパでした。
校長先生でさえ、シャツとジャケットというカジュアルな格好でした。
田舎の小学校だしね。


入学式の日から早速授業がありました。
一時間だけでしたけど、
しっかり簡単サンドイッチのお弁当を持っていきましたよ。

長男の通う小学校は1年生と2年生が一緒のクラスで勉強します。
1.2年生合同クラスが計3クラスありました。
一クラスが大体20人強ってとこかな。
クラスメートには同じ幼稚園からのお友達も二人いるし、
2年生のお兄さんお姉さんの中にも同じ幼稚園に通っていた知っている顔がありました。
それに、担任の先生は、長男がまだ年長さんだった時に、たまに幼稚園に来て、簡単な課題を
与えたり、お話したりして、すでにお互い知っている仲とでもいいましょうか。
こんな感じで、内気な長男でもスムーズにクラスに溶け込めるんじゃないかな。

はぁ~、無事に入学式が終わってこれからが本番かな。
早起き頑張らないと~。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



くりっくもよろしくね。




スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(4) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

ドイツの学校

3年生ぐらいで、進学組みと職業訓練校組みと別れるんでしたっけ?

マイスター制度今も健在ですか?

でも、私達日本人からすると、一クラス20人程度というと少ないですよね(38人クラスでした)

NAME:ゆりだん | 2009.09.21(月) 14:24 | URL | [Edit]

 

ゆりだんさんへ

小学校は4年生まで、そこから先が分かれ道みたいですね。他のお母さんに聞くと、3年生が一番大変みたいです。
それに、同じ学年をもう一度やる子供もまあまあいて、日本の様に、学力に多少問題があっても、出席日数が足りていたら、一斉に上の学年に上がるというのはないようです。
一クラスが割りと少なめなのは先生の目が行き届いていいですよね。
私も一クラス40人弱の世代でしたよー。

マイスター制度は今もあるんじゃないかな。
身近な人にマイスターがいないので、詳しくないんですけどねー。

NAME:アイスベア | 2009.09.22(火) 05:39 | URL | [Edit]

 

おめでとうございます

入学式だったんですね。
はるか彼方を思い出す・・・
息子の時も、最初に教会で新入生のためのミサがあり、それから学校の体育館で入学式がありました。
うちの町はトルコ人の子供も多いですが、彼らはもちろん教会はなしで、体育館の入学式だけに参加しました。

スーツで来た人は確かに少なかったけど、子供たちはやっぱりおめかししてましたね。
で、びっくりしたのは、各担任の先生が子供たちの名前を言う時に、名前の前に「Der」「Die」をつけたこと。あんなの、後にも先にもあの時だけでした。

後で在校生の歌があったりするのも、そちらと同じ。
後で家族で記念撮影するのも同じでした(笑)

マイスター制度は現在でもしっかりあります。
ダンナの友人がまさにそのマイスターで、電気屋です。

ところで、左利きなのは長男君ですか?
万年筆は2年生からだと思うけど、ペン先は左利き用のを買ってくださいね。
これからアルファベットの書き方の練習に入ると思いますが、左利きの場合は字をこすらないように、手を上にして指を下に曲げるとか、工夫して書くように癖をつけたほうがいいです。

息子はオーマーに手の添え方を教えてもらいました(オーマーは右利きですが)。おかげで、きれいではないけれど、書いた字を汚くすることはなくなりました。

アイスベアさんがんばって!

NAME:くろろ | 2009.09.23(水) 23:21 | URL | [Edit]

 

くろろさんへ

ありがとうございます。
ドイツの小学校の入学式は似たり寄ったりのようですね。

左利きなのは次男です。
自分が右利きで身近な人にいままで左利きの人がいなかったので、あまり左利き専用の物というのが意識に上りません。少し意識するように気をつけます。
次男ははさみでちょきちょきするのが大好きなんですが、左利き用のハサミを買ってあげないと、ですね。

くろろさんの息子さんも左利きなんですねー。
あ、minorunさんも左利きですよね、確か!

NAME:アイスベア | 2009.09.24(木) 13:29 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。