dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.01.16(Wed) 13:47
突然ですが、うちは借家です。
引っ越して来て、もうすぐ2年になりますが、このお家は最初に見た時、「探していたのは、こんな家!」と気に入って、住む事になりました。
このお家がよかったのは、お庭がある、間取りが私達家族にちょうどいい、台所も使いやすそう(鍋の収納部分がいっぱい!)、幼稚園から歩いて3分(大人の足でね)、バス停も近い(あまり利用はしないけど),etc.とこんな具合でした。
そして、この写真の暖炉、最初私はあまり関心がなかったんですが、使ってみると、暖かいんです。夕方火を起こすと、暖かい空気が上に上がって行くので、夜寝る頃には二階の寝室もほんわか暖か。
火を見ていると、なんだか、ぼぉぉぉっとしてしまって、いつの間にか時間が過ぎて行きます。
難点は、掃除が面倒な事、薪を足す時に注意しないと「あっちっち!」とやけどをしてしまうこと(夫のことです)、実は二酸化炭素がたくさん出る事(テレビで言ってました)。
最近の燃料の値上がりもあって、暖炉が我が家では大活躍なんですけどねぇ。




05Januar08-01.jpg
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(8) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

いいなぁ

うちもずっと前から暖炉がほしかったんですが、今の家を購入したときはもうお金がなくて、少し余裕が出たときには煙突と家具の位置がうまくいかなくて(家具の配置はもうこれ以上動かせない)今に至っています。
2~3年前にうちの地域がかなり長い間停電してボイラーが動かず、凍えたことがあったので、いざというときのためにもやっぱりほしいなぁとおもっていますが、どうなるかしら?

NAME:phary | 2008.01.17(木) 09:57 | URL | [Edit]

 

pharyさんへ

そうそう、思い出しました、ちょっと前、うちのボイラーが電源が切れて立ち上がらなくなりました。急いで大家さんに連絡して、修理の方を呼んでもらいましたが、この時、暖炉が大活躍でした。
普段は夕方から火をいれるんですが、朝から暖炉に火を入れて、暖房なしでも充分暖かかったです。その日は暖炉さまさまでしたよ。

NAME:アイスベア | 2008.01.17(木) 14:16 | URL | [Edit]

 

いいなぁ、暖炉!

炎を見てると癒されますよね。
暖炉のある家に引っ越したいなぁ~!
でもドイツでの引越しの大変さを考えるとやっぱり無理かしら。あと何年いるかもわからないし・・・。

NAME:Yogacat | 2008.01.22(火) 22:05 | URL | [Edit]

 

YOGACATさんへ

昨日辺りからまた寒くなって来ましたね、暖炉活躍してますよ。暖かいですv-41。この頃「暖炉係り」のだんなの帰りが遅いので、仕方なく私が前日の灰のお掃除して、薪を持って来て、火をおこしています。すすだらけ、薪運びは力仕事、火をおこすとしばらく見張っとかないと火が消えちゃうことがあるし、なかなか手間隙かかるんですけどね、子供も火をおこすと喜ぶし、クセみたいにやってます。

NAME:アイスベア | 2008.01.23(水) 15:43 | URL | [Edit]

 

ドイツの田舎っていうくらいだし、こんな素敵な大きな暖炉がおさまるくらいだし、きっと大きな家なんだろうなぁ。

うちはうさぎごやみたいなもんです。
中国にいた時はかなり広かったんですけどね。
広いっていうか、ムダにだだっぴろい感じでした。

まぁ、私の場合、うさぎごやの方が落ち着くんですけど。

NAME:もろあい | 2008.01.24(木) 16:44 | URL | [Edit]

 

もろあいさんへ

住む前は大きいなぁって思っていたんですが、あれよあれよと言う間に家具やら子供のおもちゃやらでスペースが埋まってしまい、あれ??ってもっと広くなかったっけ??というのが現在です。
お掃除するにはこぢんまりしていた方が楽ですよね。

NAME:アイスベア | 2008.01.25(金) 16:09 | URL | [Edit]

 

暖炉職人

フロイタルのメールフレンドのご主人が暖炉職人ということで、いくつか写真を見せてもらいました。
いずれも美しいタイルや装飾で見事なものでした。
どうもイングランドのものとは違う個性があるようです。
特に前面に装飾されたものは、どこから燃料を投入するのか分かりません。
いったいどうなっているんでしょう。
外か隣りの部屋に投入するのでしょうか?

NAME:amigo | 2013.11.10(日) 15:56 | URL | [Edit]

 

amigoさんへ

この家から引越して、もう2年以上経ちまして、あ~なつかしー、という気持ちでこの暖炉の写真を見ています。

前面がタイルで炎がみえない暖炉はおそらく、裏側に木をくべる戸、というか暖炉の本体がそこにあるのではないでしょうか。・・そういう暖炉をどこかで見たおぼろげな記憶があります。

今の我が家の暖炉は、縦長タイプで、この写真の暖炉との違いは
木が燃えるのがゆっくりで、灰がそれほど出ないことでしょうか。
でも、すごく暖かい。
新しい暖炉はみかけは昔のままでも技術は進歩しているようです。

NAME:アイスベア | 2013.11.12(火) 12:23 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。