dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.05.18(Mon) 12:25
気が付けば、日本から帰って来てもう2週間以上経ちました。
いまだに時々、ドイツ生活に馴染めていなくて、とても変な気持ちなのです。
日本に飛び立った時点でドイツでの生活がぶちっと終わっていて、
また繋げるのが一苦労です。

さて、今日は思い出したように日本の幼稚園の事をご報告。
・・・・って、誰も待ってなかっただろうけど。

日本では保育園と幼稚園とありますけど、
保育園は働くお母さんが多いせいか子供の数も多くて順番待ちなんて事もあるとか。
一方の幼稚園は、少子化の影響を受けて、子供の数が少なくなっている傾向があるようです。
特に、アイスベアの実家のある田舎の方では、保育園と幼稚園の子供の数の推移が顕著みたいですね。
ところが、これがアイスベアの子供達にとってはラッキーだったことで、
園児数20人ちょっとの幼稚園に通ったうちの子供達、先生方の目もよく行き届いて
アットホームな雰囲気でした。

とは言え、幼稚園に通いだしてすこ~し慣れた二週間目は
長男に幼稚園に行きたくない~と涙ながらに訴えられたりして、
ちょっと心が痛みましたが、3日もすると大丈夫になってほっとしました。
それ以降は、帰りも幼稚園のバスで帰って来る程に馴染んで、
朝9時半から午後3時まで頑張ってくれました。


日本の幼稚園ではこういう物があるんですよ。

14Mai09-03のコピー

出席帳 幼稚園に行くと、毎日シールを貼ってもらえます。
歯磨きシール お昼ごはんの後歯磨きしたらスタンプが押してもらえます。
ごほうびシール お昼ごはんを全部食べたら(だったかな?)スタンプを押してもらえます。
れんらくノート 担任の先生と保護者との交換日記??子供が一日どんな事をしたとか、質問、連絡事項諸々を書きます。

ドイツの幼稚園では、聞けば子供がどういう風にして過ごしたか答えてくれますが、
聞かなければ、問題がなければ特に連絡もなし。
こういう点では日本の方が細やかでした。

幼稚園での毎日は、お歌を歌ったり、お遊戯したり、お勉強も少しあったみたい。
トマトの苗を植えたり、近くの公園に遊びに行ったり、遠足もあったんですよ。
集団行動がメインの日本の幼稚園とドイツでは子供が好きな事をして過ごすのがメインと正反対。

うちの子供達にとって特に新鮮だったのが、お昼ご飯の時間。
そもそも12時に迎えに行くドイツの幼稚園では一緒に揃ってお昼を食べる事もないし
給食もありません。
みんなと一緒にお弁当、あるいは給食を食べて、
うちの子供達、普段食べないようなおかずも食べていたみたい。
それに、長男がお箸でご飯を食べる事に目覚め、
自分から「お箸が欲しい」って言って買って帰りましたよ。
ただいま練習中でまだ上手じゃないけどね。

これは母の日のプレゼント

14Mai09-01のコピー
次男作「ママ」らしい・・・

14Mai09-02のコピー
長男作「ママとボク」

このほかにも、子供の写真が手作りの額に入ったやつも母の日のプレゼントでした。

27April09-01.jpg

それからね、最後の日にはうちの子達のためにお別れ会も開いてくれました。
記念に写真とお友達全員からのメッセージを冊子になったものを頂きました。

子供達は最終日でも案外あっさりしていて、私の方がちょっとウルウルなんて・・・場面もありました。

幼稚園側からは予想以上に温かく迎えてもらって、子供たちにとってとってもいい経験だったと思います。

そうそう、子供達ね、「うん」と返事する時に言うようになったんですよ。
きっと他の子供がそう言っていて、覚えたんですね。
こういう相槌の言葉、以外に教えるの難しくて「どうしたものか・・」と悩んでいたのですが、
実地でしっかり身につけてきたんですね。

長男と次男、3週間よく頑張りました。
そして、幼稚園の園長先生をはじめ先生方にはとてもとてもお世話になりまして感謝感謝です。

今日は長くなりました、最後まで読んでくださったみなさま、ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



クリックもよろしくね。
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:日本 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

こんにちは。遊びにきました。

日本での体験入園(入学)ってすごくよいことだと思います。うちの娘も学校に通いましたよ。通学班で集団登校したり、掃除をしたり、地震を想定した避難訓練があったり、給食を食べたりはやっぱり新鮮だったようです。初日から放課後、お友達がみんな一輪車で「公園に行こう!」と誘いに来てくれて日が暮れるまで一緒に遊び、と良い思い出がいっぱいのようです。

息子さんも今度また日本へ行ったときに、お友達と一緒に遊べるのを楽しみにしているのでは?

NAME:なおこ | 2009.05.18(月) 19:54 | URL | [Edit]

 

なおこさんへ

こんにちは、なおこさん、来てくださって嬉しいです!

今回の里帰りは本当によい経験になりました。
なおこさんのお嬢さん達も日本の小学校を体験して楽しく過ごされたのですね。

それにしても、子供の吸収力ってすごいなって思いました。

またいらして下さいね。

NAME:アイスベア | 2009.05.19(火) 12:26 | URL | [Edit]

 

お久しぶりです

猫の世話でくたくた、寝不足の毎日でご無沙汰しちゃいました。何せ、毎日夜中の1時まで起きてるんですもの。私が先に寝るとベッドに登ってくるの(苦笑)

>いまだに時々、ドイツ生活に馴染めていなくて、とても変な気持ちなのです。
分ります!私も帰ってくるとしばらくは同じ気持ちでした。でも、何度も帰国して慣れてくると、それもなくなりますよ。今じゃ、帰国じゃなくて「日本に行く」ですもの(笑)

お別れ会、息子の時にもしてくださいましたよ。先生が園内の息子の様子を写真に撮ってくださっていて、それを綴ってプレゼントしてくださったんです。とてもいい記念になりました。未だに大事に置いてあります。

息子は小学校も体験しましたが、給食に出た、生まれて初めてのひじきもちゃんと食べてきましたよ。今度はぜひ小学校1年生も体験入学してみてください。日本の先生は熱心だし、小学校のシステムはドイツよりはるかにいいです。

旦那さん、ミュンヘンまで行ってきたんですね。しかし、敵側に座らなきゃならなかったなんて・・・・・・(^^;)
ばれなくて良かったですね。ファンは時々粗暴になるから、負けた後でバイエルンファンが紛れ込んでるなんてわかったら、やばいですものv-40

NAME:くろろ | 2009.06.07(日) 20:49 | URL | [Edit]

 

くろろさんへ

お久しぶりです、くろろさん。
猫ちゃんたちのやんちゃ振り、ブログで拝見しています。(読み逃げごめんなささい)

やっと、ドイツの生活に慣れてきたこの頃です。
子供達には小学校も是非経験させてあげたいです。
毎年里帰り出来たらいいんですけどねぇ、大蔵大臣(=夫)が何と言うかしら?

夫は敵側に座るのを承知の上で行ったんですよ。そこまでするか!ってあきれますけど。

世の中にはバイエルンファンとアンチ・バイエルンがいますからねぇ(笑)

NAME:アイスベア | 2009.06.08(月) 15:31 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。