dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.05.05(Tue) 08:36
アイスベアの実家のある市には、「庄分酢」というお酢の醸造所があります。
庄分酢の存在は母がよくここにお酢を買いに行っていたので、
小さい頃から知っていたのですが、
「お酢」に興味を持つようになったのはつい最近の話。

今回の帰国でこの醸造元の見学に行って来ました。



ここが庄分酢の本社。
長い歴史を思わせるたたずまい。

23April09-03.jpg

この樽の中でお酢の発酵が行われます。

23April09-04.jpg

樽の中はこんな感じ。
酢酸菌が活動中です。

思ったほどお酢のすっぱい匂いがしませんでした。

23April09-05.jpg

ここでは黒酢の発酵が行われていました。
この蓋に書いてあるのは、仕込みの日付。
難しい漢字を使っているのは、いたずら書き防止のため。
書いた文字でこの瓶は誰が仕込んだのかすぐ分かるそうです。

23April09-06.jpg

ぷくぷく泡が出ていますね、こうやって発酵しています。

この醸造所は昔ながらのやり方で、時間をかけて、ゆっくりお酢をつくっているそうです。
ゆっくりと発酵させて、その後熟成、この間、何ヶ月もかかって、製品になるそうです。
だから、お酢の味がとってもまろやかになるんだそうです。
大手の大量生産のお酢は一日で出来るとか・・。

23April09-07.jpg

代々直伝の虎の巻。
これにお酢の仕込みはいつごろやるのが良い、など作り方が示されているそうです。

実際にお酢の職人さん達の説明を聞いていると、
長年の経験と勘をもとに、もう体が作り方を覚えているという感じでした。

こんな職人気質の昔ながらの醸造所があるアイスベアの古里って素晴らしい!

23April09-08.jpg

最後はお楽しみの試食です。

メニューは、赤ぶどう酢蜂蜜ドリンク、大根とにんじんの寿司酢漬け、お豆腐のだいだいぽん酢がけでした。
どれも、お酢がとってもまろやかで食べやすくて美味しかった!!

15April09-02.jpg

こんな感じで、入り口を入ったらすぐに製品が売られています。
私が行った時も、地元の方々が殻の一升瓶を返却に持ってお酢を買いにやって来ていました。

床に置いていある白い紙のようなもの、ごみが落ちているわけではないんですよ。
毎年、つばめが巣を作りに来るそうです。
天井にツバメの巣が見えますよね?
ツバメの糞が落ちるので置いているそうですよ。


15April09-03.jpg

ここはオフィスでしょうか。
とてもレトロな看板、今でも現役で頑張っているんですねー。

時代は変わり、便利な世の中になっても、昔ながらの手法でお酢をつくっている醸造所。
このこだわりをいつまでも持ち続けて行ってほしいですね。



株式会社 庄分酢
    (旧名:酢屋商店)
〒831-0004 福岡県大川市榎津548
TEL 0944(88)1535(代)
FAX 0944(87)4480

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ



クリックもよろしくね。












スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(1) 
Category:日本 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2009.07.23(木) 04:24 | | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。