dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.04.22(Wed) 14:04
日本里帰りを楽しんでいるアイスベアです。
ドイツ帰国まであと一週間ほどになりました。
お買い物に食べ歩き、ラストスパートの時期です!!

ところで、「ちっご弁」って、このブログに来て下さるみなさんにはあまり馴染みがないかな。
筑後弁→ちくごべん→ちっごべん、と訛るのです。
筑後地区というのは福岡県の南部の方、アイスベアの実家からは佐賀県堺が目と鼻の先です。
この筑後地区には筑後川が流れていまして、筑後川は有明海へと注いでいます。
有明海にはムツゴロウをはじめとした珍魚が生息して、今でも地元の魚屋さんやスーパーでお目にかかることが出来るんですよ。

15April09=05.jpg
国指定重要文化財の筑後川昇開橋
満潮の時でも船が通れるように、真ん中の部分が上下に動く仕組みになっています。
以前は鉄道が走っていました。
鉄道が廃線になった後は、この橋を歩いて見学できるようになりました。

15April09=08.jpg
昇開橋から川の上流を見るとこんな風景が広がります。
白い橋は大川橋、右手が福岡県、左手は佐賀県。

15April09=07.jpg
昇開橋から下流を見ると、こんな風景。
川は有明海に注いでいます。


そして、筑後川にしか生息していない「エツ」という魚の伝説があります。

以下はくるめんもんドットこむより一部抜粋しました。

昔、みすぼらしく汚れた旅の僧が筑後川を渡ろうとしましたが、渡し銭を持っておらず困っていました。どの船頭も相手にはしませんでした。そこへ一人の貧しい漁師が船を寄せ、途方にくれる僧を無事対岸に渡してあげました。僧は「心の優しい人じゃ。何もお礼をするものもないが」と言い、岸辺の葦の葉をちぎって川に投げ込みました。「困ったときはこの魚をとって暮しなさい」見ると葦の葉は白く長い魚となって川面に消えたということです。この旅の僧が弘法大師であったと言われており、エツは今でも筑後川の名物で、旧渡し場の近くには弘法大師が祀られています。

そういうアイスベア、エツってまだ食べたことないんですけどね、エヘッ。

地元に居ると、小さい頃の記憶がよみがえって来たり、小学生の同級生と偶然道端でばったり会って、考えてみれば、幼稚園から高校までずっと同じだったよねー、なんて、しみじみしちゃったり。
「じもっぴー生活」も段々板に付いて来ました。

そして、なんと、知らず知らずのうちに、ちっご弁が流暢になって来たんです!!
それもそのはず、うちの両親、ここに生まれ育ち、他の土地では暮らしたことないんですよね。
だから、うちの両親、特に父親はとってもディープなちっご弁を話します。
ここではちっご弁が標準語なんですねー、すごいわこれ。

ドイツに帰ったら、忘れそうだから、今のうちに、ここに少しばかりコテコテのちっご弁を書き残しますね。

みだす→探す
なおす→(物を)しまう
さるく→ぶらぶら歩く
まりかぶる→お漏らしする
がまだす→精を出す
おとんことんなか→音沙汰がない
しかしか、又はせからしか→面倒でいらいらする・・・がニュアンス的に一番近いかな?
とぜんなか→つまらない、淋しい・・・これも独特な意味で、こんな感じかな。ばーちゃんがよく言ってたな。アイスベアは使いこなせません。

他にもいっぱいあるんですけどね。
本当はメモ帳持って父と母が話しているのをいちいち書き留めるとすごい数になると思うのです。
ま、そんな暇あったら、美味しいもの食べに行った方がいいか。

友達からも言われました、「なんかすごいなまっとるよ、ほんとにドイツに住んどると!?」
私はドイツに帰ってドイツ語がまだ喋れるかどうか確信が持てなくなりました。
(ま、元々、ドイツ語は上手じゃないしね)

そんな訳でちっご弁のパワー炸裂!のアイスベアでした。
ちっご弁ばんざーい!!

ふるさとっていいなぁ。

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒhƒCƒcî•ñ‚Ö



クリックもよろしくね。
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:日本 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

初耳です

アイスベアさんがちっご弁なるものを操れるとは知りませんでした!

更にお子さんがちっご弁をマスターしたら、かなりレアな存在です!!

私もおいしい日本料理食べたいなぁ。

相変わらず、食べ物の話ばっかりな私です・・・。

NAME:ようかん | 2009.04.22(水) 19:46 | URL | [Edit]

 

ひえーっ!すごいですね、ちっご弁!昔、福岡出身の友達がいたので、「なおす」だけは知ってましたが、他のはちょっと口に出して練習しちゃいましたよー、ハハハ!
忘れない為にも、たまに「ちっご弁」でブログってみてはいかが?
日本、満喫してきてくださいね!御身体に気をつけてください。

NAME:黒猫 | 2009.04.22(水) 19:58 | URL | [Edit]

 

ようかんさんへ

私もこんなに訛ってしまったって、しばらく気付いていませんでした。
最近は子供達、「何々するけ~ん」てな感じで筑後弁を話しています。
長男補習校で筑後弁分かってもらえるかなぁ。
私としてはちょっと嬉しいけど。

NAME:アイスベア | 2009.04.25(土) 13:35 | URL | [Edit]

 

黒猫さんへ

すごいですよね、この訛り。
私の妹のだんな様は関西出身で住んでいるのは福岡市ですが、最初うちの両親が言っている事が分からなかったとか。

今の私にとっては喋る事に何のストレスもなく、とても心地いいです。

あと一週間切りましたけど、精一杯楽しんで帰ります!

NAME:アイスベア | 2009.04.25(土) 13:39 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。