dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.11.18(Tue) 14:32
ドイツに住んで8年になります。
いまだに肉屋で買い物するのが苦手です。
だから、普通はスーパーのお肉コーナーで済ませます。
我が家はお肉の消費量もそんなに多くないしね、買う種類も結構限定されてるし。

だけど、たまに美味しい肉料理が食べたいな・・って思うと、肉屋さんで買い物します。

先日、そんな、アイスベアが勇気を奮ってお肉屋さんにお買い物に行った時の出来事。

お昼少し前の時間で、お肉屋さんはプチ混雑していました。
売り子のおばちゃんも一人でお客をさばいていて、
ハイ、次!
ハイ、次!
と愛想も何もありません。
(ドイツでは普通ですけど)

私の番が回ってきました。
「こんにちは、これを○○グラム下さい。」
おばちゃんお肉を計って、袋に入れて、
「7ユーロ15セント」

普通だったら、
「他に何かご希望は?」って聞くんですけどねぇー、
おばちゃん働く気あるの?って感じでしたし、
これ以上注文したら殺すよ・・てな感じでにらまれちゃったら
すごすご引き下がるしかないじゃないですか
アイスベア、小心者ですから。
ポテトサラダも買おうかなと思っていたけど、やめました。

で、お会計です。
10ユーロ札をおばちゃんに渡しました。
アイスベアは普段はぼーっとおつりをもらうだけなのですが、
この日に限って頭の中で
10-7.15=2.85とおつりを計算していました。

で、おばちゃん、レジに入力して、アイスベアはレシートとおつりをもらったんですが、
その時のおつりの数え方がね、

(アイスベアが7.15ユーロ買ったから)
おばちゃんがカウンターに5セント載せて
「7ユーロ20」
おばちゃんがカウンターに10セント載せて
「7ユーロ30」
という具合に、10ユーロになるまで足し算しておつりを渡すんです。

で、これがとっても素早いの。
あっという間に
「はい10ユーロ!さようなら!!」
おばちゃんは次のお客へ・・・

私はなんだか騙された様な気分でぼぉーっとしながら肉屋を去ったんですけど、一応渡されたお釣りを確認したら、2ユーロ35セントしかないんです!!50セント足りない~!!

これは問題有りだ!!

ってことで、おばちゃんめがけて戻って行きました。
おばちゃんもすぐに気が付いたようで、
「何?おつりになんか文句ある?」みたいな高飛車な感じでした。

おばちゃん、「ちょっとレシートとお釣り貸してみい!」と私の手からお釣りを分捕って、
数えだすんです、
「7ユーロ15セント、20セント、70セント、90セント、8ユーロ、10ユーロ、ほら、ちゃんと間違ってないじゃない」
「いや、でも50セント足りないですけど」
おばちゃんもう一度足し算始めましたよ。
「ちゃんと10ユーロになるじゃない!」
「でも、足りないんですよ」
この辺りから観客も多くなってきて、アイスベアなんだか泣きたい気持ちになりました。

おばちゃん「!!!」
で、もう一度足し算を始めたら、
「あーら、本当、50セント足りなかったわね、私見間違いしていたわ、ゴメンなさい!!」
と急に愛想がよくなって、
老眼鏡を拭き始めました。


アイスベアの主張は間違ってなかった!
アイスベアの引き算は正しかった!
Gott sei Dank!

ふぅーこれだから、肉屋で買い物するのは嫌なんだ!

今日もよろしくね↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ


おまけ、今日の衝動買いアンド買い食いの一品

18November08-01.jpg

ホワイトチョコレートにイチゴの粒々が散りばめてありました。
メチャうまでした!!

スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

大変でしたね。
私はお馴染みのお肉屋さんやお魚屋さん、そして八百屋さんがあります。
どこもとっても愛想がいいので、つい買いすぎてしまいます。
愛想の悪いのは「オーガニック屋さん」ここはすごく小さなお店なんだけど、洗剤からミルク野菜、パンなどオーガニック物だけを売っています。
この間自家製のチキンストックを切らしてしまったので、ここにあるかどうか見にきたら、見つかりませんでした。
お店の人に聞いてみたら、「お肉で作ったものなんて置いてません」って、まるで犯罪者でも見る目つきでした。
だったらどこかにベジタリアンとか書けばいいのにと思ってしまいました。
いつもレジで本を読んでいるので、お金を払うときには「すいません読んでいる邪魔をして」見たいな感じです。
ここまで無愛想だと、かえって感心してしまいます。

NAME:みき | 2008.11.18(火) 20:07 | URL | [Edit]

 

みきさんへ

みきさん、こんにちは。
やはりイギリスも同じような感じのわるーーいお店があって、
みきさんも嫌な思いしたんですね。
お店というよりも、誰が接客するかによって、大いにに違いがあるのが本当かな。
でも、私、あれ以来、例の肉屋さんには行っていません。
ささやかな抵抗(笑)

NAME:アイスベア | 2008.11.19(水) 16:09 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。