dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.30(Fri) 22:49
ブログパーツで雪を降らしてみました。

昨日はちょこっとだけ雪も降り、
ドイツの冬も本格的になって来ました。

今週は、長男が体調を崩し、
続いてわたくしがウィルスをキャッチした模様。
一日寝たらなんとか回復しましたが、
どうも中途半端な症状だったので、
治り具合も中途半端。
ああ、こんな時は家事も育児も放り出して
ひたすらゴロゴロして過ごしたい。
・・・・ってただの怠けでした

明日から12月ですね。
イベントテンコ盛り月間、
元気に乗り切りましょう!





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フランクフルト生活情報






 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(0) 
Category:つぶやき 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.27(Tue) 13:58
先日、長男が無事に10歳のお誕生日を迎える事が出来ました。
生まれてもう10年も経ったのかー。
母としては毎年同じ事を思うのですが、
今年も、元気にこんなに大きくなってくれて、ありがとう!!

しかし、「おめでとう」だけでは済ませられない
10歳のお誕生日。

我が家では子供のお誕生日は2回お祝いするのです。
どこの家庭も同じようなものだと思いますが、
一回は家族と
もう一回は友達を呼んで。

先週の日曜日にお友達を招待してのお誕生会が終わり、
ものすごーーくほっとしています。


25November2012-01のコピー

11月という季節柄、
外で誕生会をやるのは無理なので、
今年は室内遊技場でお誕生会。

マフィン(上の)を焼いて、
スーパーに売っている冷凍チョコトルテを解凍して持参しました。(楽チン)
しかし、12人の子供を招待して、チョコトルテを食べたのはだーれも居なかった・・・。
かろうじて、我が子2人と夫が食べてくれたけど、
ドイツの子供ってケーキの味覚がまったく日本と子供とは違いますよねー。
いまだにチョコトルテは我が家の冷蔵庫にドデンと鎮座しています。
そろそろ処分しないともうヤバいかなぁー。


残るは、あと一回のお誕生会。
こちらはオパとタンテが参加します。
でもね、こっちは楽勝・・なはずです。

ま、この話題はまた終わってから報告します。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フランクフルト生活情報

 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:つぶやき 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.21(Wed) 13:43
今日は久し振りにお天気です!

21November2012-02.jpg

子供のおもちゃ、犬のおもちゃがごちゃごちゃと散らかり放題ですが・・・
我が家のリビングにも太陽がサンサンと降り注いでいます。

ここ数日、どんよりと曇り空だったので、
今日は気分もすっきりとして気持ちがいいです。

そして、気が付けば
いつの間にか、このブログを始めて5年も経っていました。
2007年の11月に始めたんですよ。
あの当時は、長男4歳、次男が魔の2歳児で、
知り合いもあまり居なくて、
毎日孤独で淋しくて泣いていました・・・と言うのはちょっと大袈裟ですが、
日本語で語り合う相手が欲しかったんですよねー。
今となっては「私ってなんてウブだったのかしら」って笑っちゃうような思い出です。

あ~、久し振りに以前のブログを読み直してみて、こっぱずかしい気持ちになりました。


これからも、細く長~く、続けて行きたいと思います。
よろしくお願いします~!!


オマケの写真↓

21November2012-01.jpg

私が買い物から帰って来ても、ここから動かず、
尻尾さえも振らない、fauler Hund(なまけ犬)です。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フランクフルト生活情報

 
Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.14(Wed) 22:11
今日はガツンと肉料理をしました。

14November2012-01.jpg


シュバイネブラーテンとクロース。
豚塊肉の煮込みとジャガイモ団子。
私の中では典型的なドイツ料理の一つです。

しかし、盛り付けが下手ですみません。
バスケットの練習で遅く帰って来た
次男のお皿をちょっと拝借して
あせって写真を撮りました。
(私は既に食べてしまった後でした)

我が家の子供達、こんな時にドイツ生まれなのね、って実感します。
いくらでもお代わりして食べるんです!!
かぼちゃの天ぷらには触れようともしないのに・・・・。

なんか、お肉とジャガイモ団子とたっぷりのソースがとっても好きみたい。

ところで、このお肉、とっても簡単に出来るのです。
豚の塊肉を香辛野菜と水と一緒に圧力鍋の低圧で20分程煮たら
火を止めて、放置。
ドイツではおなじみのクノー●やマ●ーのソースの素を
肉をゆでたスープでとかして、
スライスした肉を入れて、適度に煮込むだけ。

ジャガイモ団子も冷蔵とかお湯に入れるだけとか
色んな種類のジャガイモ団子の素が売ってますのでね、
簡単に作ろうと思えばとっても簡単!
私の場合、冷蔵のジャガイモを茹でてつぶしたやつを
丸めて、お湯にドボンですよ。

断っておきますが、
これは私流の作り方であって、
決して王道の作り方ではありません。

亡き義理母は塊肉をオーブンにいれたり、
ソースと煮込んだりと色々手間暇かけて作っていました。

もっちもっちのジャガイモ団子は
なかなか美味しくて、
寒い冬に熱々を食べると体も温まるし、
冬に向けてまた脂肪も蓄えられるしね。
いえ、先日から言っていますが
脂肪はどっちかと言うと燃やしたいんですが。

この冬は度々このメニューが登場する事でしょう。



でも、意外と脂っこくないんですよ。
でんぷんがお腹にたまりますが。

あー、まだ腹いっぱいだよー。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フランクフルト生活情報


 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:お料理 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.12(Mon) 19:13
日が暮れるのも早ければ
夜が明けるのも遅く、
11月のドイツはど~んより・・・しています。

ある朝の写真
09November2012-01.jpg

夏の太陽に比べるとなんと弱々しい朝日でしょう。

この季節になると鬱々として
家にぼーっと閉じこもりがちになります。

そんな冬の期間の楽しみといえば、
食べる事!!

09November2012-04.jpg

ジュウジュウ揚がっているのは
かぼちゃの天ぷら。

09November2012-05.jpg

もちろん、家庭菜園でとれたかぼちゃを揚げました。
えびすかぼちゃはも~のすごく甘くて、ホクホクしていて、
これが食べれるのだったら、
レンジ台が油ギトギトになってもいいわ!ってくらい
美味しかったー!!

残念ながら大喜びしたのは
純日本人の私だけだったんですが。

ま、独り占め出来るからいいわ。


08November2012-01.jpg

これは久し振りに作ってみたメロンパン。
冷蔵庫の中にクッキー生地の余りがあったので、
片付けも兼ねてメロンパン焼きました。

メロンパンは、半分日本人の我が家の子供達も大好きで
あっと言う間になくなりました。

こうやって、着々と冬に向けて
脂肪を蓄えていのかしら、私の体。
脂肪はもう沢山蓄えているから
どっちかと言うと燃やしたいんだけどなぁ。
無理??







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フランクフルト生活情報
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:つぶやき 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.07(Wed) 10:58
先日、我が家のキッチンの窓にカーテンがつきました!
「カフェカーテン」と呼ぶらしいですね、初めて知ったわ。

03November2012-01.jpg

キッチンの窓は通りに面しています。
普段は、ガラスが反射するのでカーテンがなくても
中はあまり見えないのですが、
この頃、日の出は遅いし、日の入りは早いし、一日中どんよりなお天気続きだし、
電気をつけると中が丸見え、らしいです。(夫曰く)


「歌ったり、踊ったり、独り言つぶやくの気をつけとかなくちゃ。」と思ったんですが、
(お前は何者だ!?)
ある日、カーテンを買いに行こう!という気持ちがムクムクと湧いてきたので、
夫と子供たちを引き連れて、カーテン探しのドライブに出ました。

お店を二件回って、
二件目で見つけたのが上のカーテンです。
ロールアップ式のカーテンで、
クリーム色のストライプ模様。
お値段が一つ、8.99ユーロでしたよ、奥さん!!

ついでに、カーテンレールは前の家で使っていたものだし、
うわーめっちゃ安く上がった!!って
主婦の節約心を満足させるいい買い物でした。

ちなみに、一件目の家具屋さんの立派なカーテンコーナーで
「これにしようかな・・・でもなぁ・・」と迷っていたのが
同じく、ロールアップ式でしたが、
一つ30ユーロ近い値段でした。


これで、私も立派なシュバーベンの主婦の仲間入り出来るかしら。
(注 ここ、シュバーベン地方は倹約家=ケチが多い地方で有名です。)







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フランクフルト生活情報

 
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.05(Mon) 09:12
私が住むドイツのシュバーベン地方の
代表的な郷土料理と言えば、
シュペッツレが有名です。

小麦粉と卵と水と塩で作った手打ち麵に近い食べ物。

肉料理の付け合せに食べる、
炒めたシュペッツレにチーズをかけて食べる、
ソースをかけて食べる、などなど
食べ方も色々あります。

スーパーでは冷蔵シュペッツレとか
冷凍物だってあるし、
時間がない時や料理が面倒くさい時に
結構便利です。

そんな物ぐさな私が
この度、
シュバーベン地方に住んで約12年目にして


初めて


手作りの


シュペッツレに




挑戦してみました。



まずは形から入るって事で
シュペッツレを作る道具を買いました。

03November2012-02.jpg

その名も「Spätzle Profi」

「シュペッツレ名人」ですからね~、(勝手に訳しました)
これで失敗したら、
怒るわよ~、これを作ったメーカー!

シュペッツレ大好き夫なんか
私がこの道具を買って以来、
シュペッツレをいつ作るのか
知りたくて知りたくて知りたくてたまらない~!!

と、私に投げかけてくる視線が大変うっとおしかったので、

さっさと作ってみました。

03November2012-04.jpg

スーパーにはシュペッツレ用の小麦粉が売っていまして、
粉が500グラム、卵が4個、200mlのぬるま湯と塩少々を混ぜ混ぜするだけ。
結構粘りの強い生地が出来上がりました。

これを、シュペッツレの名人を使って、
お湯で茹でるのです。

03November2012-05.jpg

03November2012-03.jpg

出来上がったシュペッツレはこんな感じ。
すごい、何だか、すごく普通のシュペッツレが出来ました。
意外に簡単に出来るので、感激しました。

03November2012-06.jpg

豚肉の煮込みとソースをかけて、
サラダも添えていただきました。

・・・実は、半分食べてしまってから
「あっ、証拠写真がない!!」事に気付き、
食べ散らかしの皿をサラダを盛ってごまかしたのが
上の写真です。

ちなみに、夫は美味しい美味しいと言いながらも、
「塩が足りない」とかなんとか塩をかけて
食べていました。
濃い味付けが好きな典型的ドイツ人の夫よ、
くれぐれも血圧が上がらないように気をつけてくれ給えよ~。

最近は私に隠れて、塩を振るようになりました。
ちょっとむかつく。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フランクフルト生活情報

 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:食べ物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.11.01(Thu) 08:35
最近、粉類の手作りに凝っています。

先日はラーメン作って、
その数日後にはパスタ麵を作りました。

26Oktober2012-01.jpg

パスタの感想を聞いたら、
長男曰く「美味しいよ!」
次男曰く「いつものスーパーの麵の方が美味しい」と
意見が分かれました。

しかし、うちの次男ってなんて安上がりな男なんでしょうかねぇ。
母さん、ちょっとガッカリ・・・。

さて、粉物第三弾は
餃子です。

餃子の皮から手作りですよ。

ウー・ウェンの北京小麦粉料理ウー・ウェンの北京小麦粉料理
(2001/11)
ウー ウェン

商品詳細を見る


この本のレシピを見て、餃子の皮と餡を作りました。
この本の中に書いてある餡の調味料はすべて揃わなかったので、
多少代用品を使いました。

餃子を皮から手作りすると、
もっちもちな餃子が出来ますが、
やはり、もっちもち餃子が出来ました。

30Oktober2012-01.jpg

見かけは相当悪いんですけどねぇー、
(上手に盛り付けできない女です)
こんな感じ。

レシピに書いてある手順に素直に従って、
餃子に焼き目が付いたら、
フライパンに水を入れて、
蒸し焼きにして、
水分が大体飛んだ頃、
水溶き小麦粉を流し入れたら、
パリパリしてて美味しかったです。

あ、そうそう、この時餃子を焼いたフライパンですが、

27September2012-03.jpg

おフランス製の鉄のフライパンで焼きました。
今年のお誕生日に旦那に贈らせたのですが、
このフライパン、すごくいいですよ。

鉄のフライパンは小さいサイズを持っていますが、
こちらはドイツ製。
サイズは違うけど、使ってみて、
フランス製の方が使いやすい、気がします。
私の場合、あくまでも気持ちの問題かも。

でも、鉄のフライパンって、すごい!
いつものFischstäbichen(魚のフライのスティック状のもの、主に子供が良く食べます)が
外側はカリカリクリスピーに、中はジューシーに焼きあがって、
いつものテフロン加工のフライパンとは全く違う焼き上がりでした。

今回の餃子は、あっという間に
焦げ目が付いちゃって、
焦りました。
あんな見かけだけど、美味しかったです。

次は、どんな粉物料理に挑戦しようかな。
食べ物の事は、考えるだけでも楽しい。


欲を言えば、誰かが作ってくれたらもっと美味しくて楽しいのにな。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フランクフルト生活情報

 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:食べ物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2012 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。