dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.27(Mon) 14:09
先週の金曜日の事ですが、
知り合いの近所に住む日本人女性からケータイに電話がありました。

彼女曰く、
「今、モシェーのスーパーに居るのだけど、
新鮮なお魚が売ってるよ。
すぐ来ないと、あと一時間くらいで売り切れそうよ!」と。

モシェー(Moschee)とはイスラム教の寺院のことで
日本語で「モスク」の事。
この町のモスクの横の方に食料品店がくっついていまして、
トルコ食材が売られているのです。

子供達には
「お魚買いに行ってくるから、すぐ戻ってくるから、おりこうさんにお留守番しといてねー!!」
と言い残し、そこのけそこのけ、ドドドドッと家を出て、
15分後にはトルコ人御用達のスーパーに到着していた私。
「私、子供が2人いるし、フットワーク重くて・・・」なんて普段言ってるけど、
「アン~タそれは嘘やろうが!」(ちっごさん風)と思う素早さでした。
やれば出来るのね、私。

さて、お魚はというと、
お店の外の入り口のすぐ側に、
魚市場で仕入れてきた状態で、
発泡スチロールの箱に、氷に埋もれて売られていました。

売っていたお魚は
さば、タイ、いわし、他にも赤い奴とか、青い奴とか、全部で6種類くらいだったかな。
そして、どれも新鮮。
「すごい~!!」と興奮して
自分で袋に入れました。
(多分、セルフサービスだった、誰がお店の人かわからなかったし)

電話してくれた彼女もまだお店にいて、
彼女は大人買いしていました。
マジに彼女の魚の入った袋は重かった。

そして、「もう一尾くらいサバば買おうかなぁ」と考えた時、ふと頭をよぎった疑問。
このさばはさばいてあるのだろうか??
さばなだけに自分でさばかないかん??

ちょっとおやじギャクが入ってしまいました、スミマセン。

知り合いの彼女、「魚は自分でさばくんだよ」
私「えっ、じゃ、私、自分でさばけないから、買えないわ・・・・」
彼女「魚さばいた事ないの??!!」
私「ないよ~!!」
彼女「仕方ないね、じゃ、今からうちに来て、やりかた教えてあげる」

まあ、そんな訳で、お魚を買いに行き、
その後、魚のさばき方のレッスンを受けました。
私が買ったのは、サバが3尾、タイが1尾。
さばくのにビビッてしまったため、少なめ。
しかし、ドイツに来て、魚のさばき方を教えてもらうなんてねぇ、
想像すらしませんでした。

トルコ屋(と私達の間ではこう呼ぶ)には、
トルコ人が食べる野菜も売られていまして、
特に珍しい野菜はなかったのですが、
こ、これは!!??と思ったものが、
茄子でした。

26Februar2012-02.jpg
(注 バナナは大きさ比較用です)

こっちのスーパーでよくみる米ナスとちょっと違うでしょう?
日本のナスと形がよく似ています。

フライパンで焼いて、すりおろしにんにく、醤油、オリーブオイルで和えてみたのですが、
美味しかった~。

写真、見たい?

26Februar2012-03.jpg

美味しそうにも、まずそうにも見える
不思議な写真なり~

トルコ屋、隅に置けませんね。
これから、毎週金曜日の午前中はトルコ屋へGO!!!




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


フランクフルト生活情報


 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(4) 
Category:食べ物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.26(Sun) 16:57
我が家は一階にリビング、ダイニング、キッチンという間取りですが、
この度、引っ越して、10ヶ月近く経ってやっとカーテンが付きました。



ダイニング↑とリビング↓に大きな窓がありまして、
ダイニングにはとりあえずのカーテンを付けていたのですが、
(だって、日曜日の朝にお隣さんの旦那さんの上半身裸姿なんて見たくないし)
この度、気に入ったカーテン生地を買って、
お針子さんにカーテンを縫ってもらいました。

26Februar2012-04.jpg


カーテンレールを旦那と2人でせっせと取り付けました。
残念ながら、カーテンレールは完璧な仕上がりにはなりませんでしたが、
上手くアラも隠れてしまったのでいいことにしましょう。

これで、やっとお隣さんから丸見え状態ではなくなって
あ~嬉しいわ。
カーテンがあると、なんだか違う家に来たみたい。

ホント、よかったよかった、これで明日からダラダラしたり、
カーッと口を開けて昼寝が出来るってもんです。
(実際の話、↑こんな人をご近所さんでみたら怖いかも)


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


フランクフルト生活情報


 
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.22(Wed) 15:45
ファッシングが終わりました。
この地域は、ファッシングと聞いても血が騒がない人が多いらしく、
きわめて普通な感じでしたが、
夫がまたしても、2日休みを取って家に居ましたので、
お世話係りは大変でした。

とは言え、夫が家にいるという利点を最大限に利用して、
一日は、子供2人と犬一匹を夫に託して、単独で
日本人女性5人の昼食会に出かけました。

一応、個人のお宅で料理を持ち寄りってことだったのですが、
場所を提供してくれた彼女がカツカレーまで提供してくれて、
まあ、言わば、彼女の一人勝ち・・というか。

別に、競ってはいませんけど、
他に持ち寄った料理はすべてカレーという主役の脇役でした。

ちなみに、私は、viviさんに頂いた黒豆を煮て、
キャベツのサラダを持参。
黒豆は、ドイツでは滅多にお目にかかれない代物ですので、
みなさん、目を輝かせて食べてくれました。
昼食会のメンバーがviviさんにもよろしくとの事でしたよ。

比較的、地味な脇役だったほかの持ち寄り料理の中で
「うん、これは美味しい!!」と唸った物が
ミニピザでした。
ミニピザも二種類あって、トマトソースがかかったものと、
トマトソースなしで塩とハーブを散らしたもの。
このシンプルなトマトソースなしのミニピザが
私のツボにどんぴしゃとはまりました。

トマトソースなしのミニピザって
果たして、これはピザと言えるものなのか疑問は置いておいて、
今日は、我が家の次男も張り切ってお手伝いしてくれて、
ミニピザwithoutトマトソースを作りました~。



いつものピザ生地を餃子の皮みたいにうすーくうすーく伸ばして、
オリーブオイルを塗って、塩とローズマリーを振りかけて、
オーブンでこんがり焼いたら、こんな感じになりました。

食感はまるでおせんべいです。
パリパリボリボリと長男が気に入ったみたいで、
私の目を盗んではつまみ食いしています。
夕食までもつかなぁ・・・・。

私は飲まないけど、ビールのおつまみにもピッタリだと思います。
チーズを振りかけて焼いてもおいしいと思うし、
これに砂糖醤油を塗ったらどうなるんだろう??とか
素朴な疑問も浮かんで来ます。
そのうち実験してみようかしら。

ピザ生地の配合は
小麦粉405 500グラム
塩少々
砂糖少々
イースト(フレッシュでもドライでも)適当
今回はフレッシュのイーストの塊を3分の2くらい使ったような気がする
オリーブオイル 大さじ3杯
水適当

きわめて適当なレシピですが、
大切なのは小麦粉500グラムに対して
オリーブオイルが大さじ3杯。

時々これさえ記憶が危うくなるので、
今日は記録しておきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


フランクフルト生活情報
 
Trackback(0) Comment(6) 
Category:つぶやき 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.16(Thu) 11:56
夫がケータイから写真を送って来ました。
毎年この日は私がわくわくしながら、このニュースを待っているって、いつの間にか学んだ様子。

送って来た写真です。

DSC00186 (1)klein


チョッキーン!と切られたネクタイの写真。

今日はドイツではWeiberfaschingの日。
オフィスでは女性達がはさみを手にネクタイ姿の男性を手ぐすね引いて待っているのかしらね(笑)
(注:カーニバルがらみの習慣で女性は男性のネクタイを切ってもOKな日です)

ま、夫も、切られてもOKなシミの着いたネクタイをしめて行きましたので、みなさんご心配なく。

あ~、この日だけ、どっかのオフィスで私を雇ってくれないかな。
切ってみたい気満々、フフフ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フランクフルト生活情報





 
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.16(Thu) 09:27
お久し振りです。
またすっかりご無沙汰していました。

それもこれも、夫が病欠で家に一週間ほど居たためです。
先週の木曜日に、「下痢が・・・」と仕事をお休みして、
翌日は「頭が痛い・・・」と。
週末をはさんで、月曜日は仕事に行くのかな?と思ったら、
「頭の左半分が痛くて、顔の半分がしびれるんだよ・・・」とか言って
私、「えええ~、何か重病!!??」とびびりました。
月曜日に医者に行って、「ウィルス感染」のため
水曜日まで病欠しなさいと医者の診断書が出ました。

まずは重病ではなかったのでほっと一息。
家のローン払い始めたばかりだし・・・・

そして肝心の夫は、時々、ベッドで昼寝していましたが、
他は極めて元気そうに過ごしていました。
これって、病欠という名のサボリかよ?
と密かに心の中で思っておりました。

ドイツでは、病欠は病欠として扱われます。
私が日本で働いていた会社では病欠は有給休暇で消化するというのが暗黙の決まりでした。
ドイツに来て、病欠は有給休暇じゃないの?ってビックリしましたけど、
ドイツ人が日本では病気の時は有給休暇で消化と聞くと、ビックリするでしょうね。
ドイツ人は有給休暇もきっちり休みを取って全部消化するし
雇用される人の権利がちゃんと守られています。
「過労死」という言葉はドイツではまだ聞いた事がないです。

で、私はこの一週間、甲斐甲斐しく夫の看病をしたかと言うと
そうではありませんが、
夫や子供達が居ない方が家事ははかどるものですよね~、主婦のみなさん?
我が家のオフィシャルな病人は食欲も普通にあったので、
朝昼晩の3食プラス午後のおやつ付きで、
やつれるという言葉とは程遠い様子でした。

今日は、やっと仕事に行ってくれました。
一人で過ごす午前中がやっと戻って来ました。
夫も元気になったことだし、
いつもの100倍嬉しい午前中を過ごしています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


フランクフルト生活情報
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:つぶやき 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.06(Mon) 11:38
このところのドイツでの挨拶は
「毎日寒いですね~」が主流ではないかと思われます。

昨日の朝の気温、
05Februar2012-01.jpg


マイナス18.7度。
今朝の気温も似た様なものでしたが、
さっ、寒すぎる~!!

とは言え、お日様が出ているし、
風がほとんどないので、
家の中に居る分には全然平気です。

今朝は、8時半くらいに、犬と散歩に出ました。
決死の覚悟をして!!
大袈裟ですが、マイナス18度という気温表示を見てしまったら
決死の覚悟も必要よっ!

犬の排泄の用事が済んだら、
さっさと帰ろうかと思ったのですが、
犬は歩く気満々だったので、
もう一度覚悟を決めて先に進みました。
約20分程歩いたでしょうか。
そろそろ家に帰ろうかという頃、
肌が露出している部分(顔など)
重ね着をしていない部分(モモのあたりなど)が
ちくちくと刺すような寒さに変わって来ました。
それもそうよね、冷凍庫の中で散歩しているようなものだし。

犬はというと、相変わらず寒さはあまり感じていない様子ですが、
鼻と口の周りがうっすらしろーくなっていました。
雪は降っていませんから、これは
犬の吐く息が凍ったものだったようです。

家に戻って来て、犬と一緒に
「あ~家に帰ってきてよかったね~」
と喜びを分かち合いました。

この寒さ、そろそろ緩んで欲しいと心から願うアイスベアでした。

名前はアイスベアでも、寒いのはキライなのです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


フランクフルト生活情報

 
Trackback(0) Comment(8) 
Category:つぶやき 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.02(Thu) 12:00
viviさんから頂いた黒豆を早速煮てみました。

黒豆2


圧力鍋で煮て、ふっくらふわふわな黒豆が出来ました!

お砂糖を控えめに控えめにと思って控えめにしたら
控えめすぎて、砂糖を足しました。

うふふ、美味しいわ~、幸せです
朝、昼、おやつに夕方に食べています。

夫や子供達は、予想通り見向きもしないけど、
それでいいのよ。

今日もとっても寒いドイツです。
買い物に出たら、外の気温はマイナス10度でした。
雪は降っていないけど、風が強くて、一秒たりとも外に居たくない寒さです。
それでも、太陽の光は少しずつ力強くなっているようです。
でも、春はまだ遠いよなぁ~。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


フランクフルト生活情報
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:食べ物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2012 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。