dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.04.25(Sat) 14:06
一ヶ月以上も日本に滞在している割には
都会に出る機会がとことん少なかったアイスベア。

西鉄電車に乗ったのは3度ほど。
(注意 西鉄電車に乗る=都会に出る、という意味があります)
うち、子連れで行ったのは一度きり。
福岡市の中心、天神を通って、西区は妹一家の住む家にお泊りに行ったのです。
西区って、福岡市の中心地からはかなり遠いですけどね。

妹の家に行くんだったら、是非、あそこに行きたい!と、連れて行ってもらったのがここ。



海です。
砂浜です。
青い空と穏やかな海。
ブランコも絵になるでしょう?

これは「ざうお」というお魚料理のレストランの裏なんです。
ここでは博多湾を眺めながらお食事を楽しむことが出来るのです。

「失敗したぁ~!!」って思ったのは、
お料理の写真をまったく撮らなかった事。

ま、妹夫婦とその娘、私と息子二人で行ったのですが、
長男のご機嫌が良くなかったのが最初。
しばらくすると、長男のご機嫌はなおったけど、次は次男がなにやら拗ねている。
なんのかんのでお料理が運ばれ、息子達のご機嫌取りをしつつ、お料理を堪能し、
と、とても写真を撮る余裕がありませんでした。
とっても、残念。

その代わりに、海の写真でもご覧になってくださいませ。

18April09=01.jpg

18April09=07.jpg

手前は海釣り公園。
遠くに見える一番高い建物は福岡市早良区百道の「福岡タワー」

18April09=04.jpg

「ざうお」レストランと滑り台。
子供達は外で遊ぶのが待ち切れない様子で、
食後にやっと「よし!」と許可が出るとすっ飛んで行きました。

18April09=02.jpg

従姉と息子達。



ここまではよかっただけど、夕方、また電車に乗って帰る時に、
電車が満員で、席がなくて、
乗り物大好きの次男、座れなかった事がとても悔しくて悔しくて
電車の床に座り込んで、「座りたいよぉ~」と大泣きする事約15分。
母は冷や汗がダラダラ・・・
ああいう時は、下手になぐさめたり、なだめたりしても、逆効果。
ますますギャンギャン泣く一方で、
ほっとくけど、それでも泣きやまず。

幸いに、最初に止まった駅でやさしいおばさんが
「座りたかったとやろう?」
と席を譲ってくれたので、次男も泣き止み、母はやれやれ、でした。

スーパーで欲しいものを買ってもらえなくて駄々をこねて床を寝転がる子供っていますよね。
まさにあれと同じ状態でした。
結構人がたくさんいて、どこにも逃げ場がないのは辛かった。
あれって、
「親のしつけがなっていない!」って思ったけど、
しつけしても泣く子は泣くのですよ。
だから、どうか、みなさん、そういう子供を見たとしても少し寛容に見守って下さいませ。
(言い訳っぽい??)

いやはや、お出かけの最後がこれだったから、実家に着いたらもうグッタリでした。

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒhƒCƒcî•ñ‚Ö



クリックもよろしくね。





 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(6) 
Category:日本 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.04.22(Wed) 14:04
日本里帰りを楽しんでいるアイスベアです。
ドイツ帰国まであと一週間ほどになりました。
お買い物に食べ歩き、ラストスパートの時期です!!

ところで、「ちっご弁」って、このブログに来て下さるみなさんにはあまり馴染みがないかな。
筑後弁→ちくごべん→ちっごべん、と訛るのです。
筑後地区というのは福岡県の南部の方、アイスベアの実家からは佐賀県堺が目と鼻の先です。
この筑後地区には筑後川が流れていまして、筑後川は有明海へと注いでいます。
有明海にはムツゴロウをはじめとした珍魚が生息して、今でも地元の魚屋さんやスーパーでお目にかかることが出来るんですよ。

15April09=05.jpg
国指定重要文化財の筑後川昇開橋
満潮の時でも船が通れるように、真ん中の部分が上下に動く仕組みになっています。
以前は鉄道が走っていました。
鉄道が廃線になった後は、この橋を歩いて見学できるようになりました。

15April09=08.jpg
昇開橋から川の上流を見るとこんな風景が広がります。
白い橋は大川橋、右手が福岡県、左手は佐賀県。

15April09=07.jpg
昇開橋から下流を見ると、こんな風景。
川は有明海に注いでいます。


そして、筑後川にしか生息していない「エツ」という魚の伝説があります。

以下はくるめんもんドットこむより一部抜粋しました。

昔、みすぼらしく汚れた旅の僧が筑後川を渡ろうとしましたが、渡し銭を持っておらず困っていました。どの船頭も相手にはしませんでした。そこへ一人の貧しい漁師が船を寄せ、途方にくれる僧を無事対岸に渡してあげました。僧は「心の優しい人じゃ。何もお礼をするものもないが」と言い、岸辺の葦の葉をちぎって川に投げ込みました。「困ったときはこの魚をとって暮しなさい」見ると葦の葉は白く長い魚となって川面に消えたということです。この旅の僧が弘法大師であったと言われており、エツは今でも筑後川の名物で、旧渡し場の近くには弘法大師が祀られています。

そういうアイスベア、エツってまだ食べたことないんですけどね、エヘッ。

地元に居ると、小さい頃の記憶がよみがえって来たり、小学生の同級生と偶然道端でばったり会って、考えてみれば、幼稚園から高校までずっと同じだったよねー、なんて、しみじみしちゃったり。
「じもっぴー生活」も段々板に付いて来ました。

そして、なんと、知らず知らずのうちに、ちっご弁が流暢になって来たんです!!
それもそのはず、うちの両親、ここに生まれ育ち、他の土地では暮らしたことないんですよね。
だから、うちの両親、特に父親はとってもディープなちっご弁を話します。
ここではちっご弁が標準語なんですねー、すごいわこれ。

ドイツに帰ったら、忘れそうだから、今のうちに、ここに少しばかりコテコテのちっご弁を書き残しますね。

みだす→探す
なおす→(物を)しまう
さるく→ぶらぶら歩く
まりかぶる→お漏らしする
がまだす→精を出す
おとんことんなか→音沙汰がない
しかしか、又はせからしか→面倒でいらいらする・・・がニュアンス的に一番近いかな?
とぜんなか→つまらない、淋しい・・・これも独特な意味で、こんな感じかな。ばーちゃんがよく言ってたな。アイスベアは使いこなせません。

他にもいっぱいあるんですけどね。
本当はメモ帳持って父と母が話しているのをいちいち書き留めるとすごい数になると思うのです。
ま、そんな暇あったら、美味しいもの食べに行った方がいいか。

友達からも言われました、「なんかすごいなまっとるよ、ほんとにドイツに住んどると!?」
私はドイツに帰ってドイツ語がまだ喋れるかどうか確信が持てなくなりました。
(ま、元々、ドイツ語は上手じゃないしね)

そんな訳でちっご弁のパワー炸裂!のアイスベアでした。
ちっご弁ばんざーい!!

ふるさとっていいなぁ。

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒhƒCƒcî•ñ‚Ö



クリックもよろしくね。
 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:日本 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.04.20(Mon) 14:37
日本一時帰国中のアイスベアです。
すっかりブログの方をご無沙汰しております。
ドイツ帰国まで、あと2週間となり、少しずつスケジュールも埋まって行き、ドイツののんびりした生活に比べるとものすごいハードスケジュールをこなしている毎日です。

さて、そんな中、今日はうなぎを食べに行きました。
まずは写真をご覧下さいませ。



セイロ蒸しです。
タレのかかったご飯がもうたまりません~。

20April09=02.jpg

お次は蒲焼。
これも美味い!!
残ったタレはご飯にかけて食べる!これが正しい味わい方です。

セイロ蒸し派と蒲焼派、さてあなたはどっち?
アイスベアはセイロ蒸し派です。

うなぎってアイスベアの実家のあたりでは名物料理。
実家に帰る時は必ず食べて帰る外せない味なのです。

今日はアイスベアのOL時代の友達と行きました。


20April09=03.jpg

それから、おまけの鯉コク。
鯉のダシがきいた味噌汁は忘れられない味です。
鯉のアライも美味しいんですが、さすがに胃袋が破裂しそうなので、アライは次回のお楽しみかな。

とっても美味しいうなぎと楽しいおしゃべり、日本最高!!


話は変わりますが、アイスベアがうなぎに舌鼓を打っている間、うちの子供達、今日は幼稚園からの企画で「おつかい」に行きました。
おつかいでかうものは、サインペン。
それから、自分が好きなものをひとつだけ選んで何か買ってよかったそうです。

これね、子供達は100円ショップに行ったのですよ。
すごいいいアイデアだと思いましたね。
だって、お店のもの、なんでも100円ですから。
(消費税がついて105円ですけど)

お金は前もって幼稚園の方に預けていまして、
年長さんと年中さん達がお買い物に行ったそうです。

ちなみに、うちの長男は、魚釣りゲームを選びました。
次男は小さいバス。
ものはやっぱり‘ちゃちい‘(これって方言ですか?)けど、おつかいに行って、しかも自分の好きなものも買えて、子供達の満足感もかなりのもの。

親子ともども楽しい一日でした。

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒhƒCƒcî•ñ‚Ö



最近サボり気味なので、右の植物がショボンってなっちゃった!!!
大変だぁ!!

クリックも忘れないでね。

 
Trackback(0) Comment(6) 
Category:日本 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.04.12(Sun) 14:35
日本滞在も3週間目に突入します。
子供達の日本語、決して達者ではないけど、少しずつ出てくるようになりました。

実家が田舎にあるので、車で出かける事が多いのですが、
「うーん、これは」って思ったことがあります。

それは、青と緑。
信号のことです。

日本では「青信号」って言いますよね。
ドイツでは「緑」が進めなんですね。
多分、日本以外の国はどこも信号の進めは緑なんだと思いますが(確かじゃないです)。

子供がドイツ語で何かを言う時、
アイスベアはつとめて日本語では何と言うかって教えるようにしています。
だから、信号が赤から青に変わった時、「あ、青だよ」って言うと、
次男坊は「みどり!」って日本語で言うんです。
「日本語では青信号って言うんだよー」って言っても、
(今度はドイツ語で)「Gruenはミドリって言うんだよ!」って言うんです。

まあ、まだ4歳だから、あれは青って言うことになっている、と言って聞かせても、無理があるのかな。

でも、日本の信号って、青っぽいですよね。
あれって、やっぱり青なの?
ドイツの信号は確かに緑色です、よね?ドイツ在住のみなさん??

ちなみに、他の国に住んでいらっしゃるみなさんの信号の色は青?緑?
そして、やっぱり緑信号って言うのかしら?
よかったら教えて下さい。

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒhƒCƒcî•ñ‚Ö



クリックもよろしくね。
 
Trackback(0) Comment(8) 
Category:日本 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.04.10(Fri) 15:43
日本の幼稚園での一週間が終わりました。
子供達、緊張しながらも楽しんで過ごした様子でした。
5日目の今日は、午後に長男がちょっとだけ、「ママ・・・」と泣いちゃったそうです。
まあ、無理ないかな、ドイツの幼稚園ではいつも正午に帰って来るものね。
子供たちにとっては、慣れない日本語での環境で、しかも長丁場なんです。
だけど、嬉しいことに、お弁当は毎日空っぽで持ち帰って来てくれます。
他のお友達と一緒に食べるのは美味しいのね、緊張してお腹も空くのかな。

アイスベアの日課は、子供を幼稚園に送り届けた後は、パン屋さんによって、
子供のおやつのパンを買って帰ります。
長男にはアンパンマンの形でチョコクリームの入ったパン、次男にはマヨネーズとコーンのお惣菜パン。
アイスベアにもその日の気分によって、メロンパンとかチーズケーキとか、お惣菜パンとか、日本のパン屋さんのパンを楽しんでいます。
やっぱり、パンはどれもふわふわしていて、美味しい!!
日本の強力粉、やっぱり買って帰ろうかな、って思っちゃいます。

桜の季節も終わり、今は新緑がすごくきれいです。
10April09=01.jpg

もみじの葉っぱ。

10April09=02.jpg

10April09=03.jpg

アイスベアにとっては何気ない光景ですが、
この木がとっても南国っぽくて、長男が感動していました。
そういえば、ドイツにはないですよね。

昨日と今日のお天気は快晴、気温も25度くらいまで上がっていました。
紫外線がちょっと気になるな。。。
いまさら気にしても遅いかな(笑)

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒhƒCƒcî•ñ‚Ö



クリックよろしくね。




 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:日本 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.04.06(Mon) 14:32
今日から子供達の幼稚園が始まりました。
幼稚園でも、今日から始業式で、朝の挨拶の時に、うちの子供達の事を紹介してくれました。

「今日からしばらくの間、お友達が遊びに来てくれます。
ドイツっていう遠い遠い国から来たそうです。
だから、みんながお話する時はゆっくり話してあげてね。
それから、二人が‘いや‘って言うのは‘はい‘っていう意味なのよ。
みんな覚えておいてね。」
ちょっと省略しましたが、まあ、こんな感じで園長先生が紹介と注意事項を園児を相手にお話していました。
ゆっくり、分かりやすく説明していて、さすがプロですね。

ところで、ドイツ語で「Ja」というのは「はい」と肯定の意味なのですが、
この「ヤァ」という発音が、日本人には「いや」と聞こえるようなのです。
子供達の従姉が「え、いやって言ってたのって反対の意味だったの!?」って言ってたんですよね。
だから、幼稚園ではなるべく誤解の無いようにと先生方に前もってお話したという訳です。

幼稚園は園児が全部で約20人くらい。
来週から新しい園児が入って来るようですが、こじんまりして、とてもアットホームな感じでした。

朝は朝礼(って言うんですか?幼稚園でも)の時に、みんな集まって、お歌を歌って体操をして、先生からのお話の後にそれぞれの教室へ。
お昼はみんな揃ってお弁当を食べ、食後に歯磨き。
こんな感じで第一日目は過ごして来たようです。

ドイツの幼稚園では、朝礼もないし、お弁当だって、好きなときに食べていいのだから、ちょっと勝手が違って、うちの子供達はお弁当のフライング(早弁)なんかしないかしら??とか、集団生活についていけるかなとか、心配はありますけど、午後にお迎えに行った感じでは、二人とも楽しく過ごして来たようです。

とりあえず、ほっとしたアイスベアでした。

そうそう、アイスベアの初体験。
子供のお弁当作り。
大変だろうなぁ~って思っていたんですけどね、
子供のお弁当箱って小さくて、おかずもちょこっと入れたら、
すぐ一杯になるんです。

06April09=01.jpg

ほらね、デザートのイチゴがおかず部分総面積の半分を占領しているでしょ。
第一日目はとりあえず、ほとんど全部食べてきてくれました。
ヤッター!!

話は変わりまして、桜は徐々に散り始めて、桜吹雪と桜の花びらのじゅうたんがきれいです。
春の日本はいいですねぇ~。
しみじみ・・・

05April09=11.jpg

05April09=12.jpg

‚É‚Ù‚ñƒuƒƒO‘º ŠCŠO¶ŠˆƒuƒƒO ƒhƒCƒcî•ñ‚Ö


今日からまたランキングに参加です!
よろしくね。









 
Trackback(0) Comment(12) 
Category:日本 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.04.03(Fri) 16:00
日本に着いて、最初の一週間が過ぎようとしています。

アイスベアが日本を離れて長い時間が経ったのねーって実感した事は、
床に座ると足が痛い!!って思うこと。
実家ではテーブルと言えば、ちゃぶ台。
食事するのも、テレビを観るのも、両親とおしゃべりするのも、みーんな床に座ってやるんです。

ドイツでは椅子に座る生活なので、床に座るって事に体が慣れていないようです。

だけど、子供達はぜんぜん平気みたいです。
やっぱりこれも年のせい!?

でも、お風呂に毎日入るのは疲れが取れて、体も温まって気持ちいいですねぇ~。
 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:日本 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2009.04.01(Wed) 05:41
日本に着いてはや4日が過ぎました。
時差ぼけも段々解消して来ました。

日本に着いた時満開の桜はそろそろ散り始めている様子です。

30Maerz09=01.jpg

30Maerz09=03.jpg

30Maerz09=02.jpg

なんだか、毎日とっても忙しいのです。
よく分からないけど、忙しい・・・。
パソコン中毒の私がパソコンに向かう暇がない!!

しかし、ドイツでいすに座る生活に慣れていたので、床に座ると足が痛い!!

子供達は元気に遊びまわっています。

今日はとりとめもない内容になりました。
また落ち着いたらゆっくり更新することにします。

コメントのお返事が遅れててゴメンナサイ!!


 
Trackback(0) Comment(6) 
Category:日本 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2009 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。