dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.29(Mon) 14:20
今日からまたアイスベアの夫は出張へ。
木曜日に帰って来て、それから、またすぐ泊まりで出かけて、日曜日に帰って来るそうです。
毎年この時期は学校の悪友達6人ほどで家を借りて、そこでひたすらカード遊びをやるのが恒例行事。
いいよなぁ~、私だって、お友達と旅行したいわ・・・けど、そんな友達はドイツには居ない、ちょっと淋し~。

ま、そんな訳で、今週は夫がほとんど家に居ないので、アイスベアってば、お家でまったり、めちゃめちゃダラダラしています。

今週はマメにブログをアップできそうな予感・・・。 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(4) 
Category:つぶやき 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.25(Thu) 21:10
今日はりんごのケーキを焼きました。

寒くなると、体が脂肪を蓄えようとするのか、ケーキとかマフィンとか、パターやら生クリームたっぷりのものが食べたくなります。
ええ、脂肪はもう充分すぎるほどついているんですけどねぇ(ため息)


25September08-01.jpg

焼き上がったのはこんな感じです。
美味しそうでしょ?
でもね、めちゃくちゃカロリー爆弾ですよ。
バター、生クリーム、砂糖とふんだんに使いましたからね。

まあ、いいんです、今日は。
美味しく頂いて、幸せな気分になったんだから。

それでは、みなさまおやすみなさい。

 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:お菓子作り 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.24(Wed) 13:58
今日から夫が出張で居ません。
2泊3日の出張で金曜日には帰って来るのですが。

これが新婚当時だったら、
「淋しいわ・・・」って涙目で夫を見送るのでしょうけど(え、本当!?)
もうそんな甘い時期はとっくの昔に終わりました。

今となっては、
「じゃあ、ちょっと食事の準備も手抜きが出来るのね!」
って嬉しいかも。
(ちなみに今日はスパゲティミートソースをたくさん作ってこれで2日分はいけます、楽勝!)

いや、別に、夫が居てもたいした料理はしてませんけどね。

話は変わりまして、相変わらず、気温も低いぱっとしないお天気の日が続いているドイツです。
先日、夫に
「今度出張に行く前に、暖房のスイッチ入れて行ってね」とお願いしたところ、
アイスベアの夫曰く「まだ9月だというのに、今から暖房入れて真冬はどうするんだ、それに、木曜日からは気温も上がると天気予報で言ってたよ」
てな具合で、アイスベアのお願いは却下されました。

ちなみに、我が家の暖房のおおもとは地下にありまして、この機械を操作すると暖房が入るようになるのですが、ドイツ語の説明書なんか読む気にもならないし、夜になれば、暖炉に火を入れて暖かくなるから、まだ我慢出来る範囲・・・だと思うことにしよう。

しかし、これ以上寒くなったら・・・・
夫はいつ頃から暖房を入れる気なんでしょうか?
オイル高だっていうのもありますけど、
アイスベアの夫ってケチです。
アイスベアが通った後を追う様にして、電気消して回るし。
どこのドイツ人のだんな様も同じなのかしら?

今夜は暖炉に火を入れて、子供2人を湯たんぽ代わりに眠る事にしよう。
だけど、子供って寝相が超悪いからなぁ・・・





 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:つぶやき 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.23(Tue) 13:27
寒い日が続いているドイツですが、先日、長男の行く補習校で遠足がありました。
Stuttgart市内の公園に行きました。
準一年生は保護者同伴ということで、アイスベアは一家総出の参加でした。

とても広い公園でした。
準一年生と幼児部に与えられた課題は、公園内の動物を見付ける事。

だらだらっとみんなで移動して、動物を見つけては先生に報告をして、シールをもらうという感じで午前中が終わり、お弁当タイム。

日本人の家族は純日本風の遠足お弁当のようでした。
我が家はおにぎり、ハンバーグ、卵焼き、きんぴらごぼうなどの日本風お弁当、プラス、サラミとハムのサンドイッチ。
これはアイスベアの夫用です。

それで、ちらっと覗いたんですけど、お隣に座っていたファミリー、お父さんはドイツ人、お母さんはドイツ人と日本人のハーフのお家のお弁当は、どうもサンドイッチに必要なものを持参して、その場でサンドイッチにして食べていたような・・・・。
ある意味、アイスベアにはカルチャーショックでした。

お弁当タイムが終わると、下の写真のイベントが行われました。
さて、このイベントとは何でしょう?

20September08-02.jpg

答えは、この寒空の中、「スイカ割り」です!!
日本の9月だったら、まだまだスイカ割りもいけるのでしょうけど、気温15度前後でスイカ割りって、寒すぎ~!!です。
希望者の生徒達は果敢にスイカに向かっていました。
でも、これって日本の文化ですよね。
アイスベアの長男も挑戦しました、そして、まったく別の場所を木刀でエイヤッとやってました。

20September08-07.jpg

そして、最後はお待ちかねの汽車に乗りました!!
なかなか本格的な汽車でしたよ。
公園内をぐるりと一周しましたが、やっぱりこの公園は広い!と思いました。

20September08-09.jpg

公園にはお花もきれいに咲いていましたよ。

楽しい一日でした。
(寒かったけど・・・・)







 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:行事 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.17(Wed) 14:37
外はグレーの寒空です。
もう一回くらい秋の行楽日和が戻って来て欲しいなぁ。

ところで、アイスベアはお香が大好き。
お線香もかなり好き。
あのけむりくさい匂いがなんとも言えなく好きで、気持ちが落ち着くんです。

お線香の匂いをかぐと思い出すのが、英語の塾。
何故かと言うと、アイスベアがずーっとずーっと昔、まだ花も恥らう中学生だった頃、英語の塾に通っていまして、この塾というのがお寺の講堂であったんですね。畳の上にゴザ敷いて、机も正座して座る2,3人用の木の長い机。寺子屋みたい(実際の経験はありませんが)でした。

塾の先生って実はその当時、現役の中学校の英語の先生で(アイスベアが通っていた学校とは別の)、この塾もモグリの塾だったらしく、先生の奥さんの実家のお寺でひっそりと行われていたのです。だから月謝も安かったし。あれはきっと先生の御奉仕だったのかな。

先生は超ヘビースモーカーで、私達に英語の文法の説明をしている間もプカプカタバコを吸っていまして、黒板の溝にはタバコの吸殻が一杯!!でした。
こんな場所で、タバコをふかしながら英語の文法を教える塾の先生って、今の世の中では信じられない事でしょうね。
でも、教え方はぴか一でした!
お陰で英語は好きな科目になりましたから。
(今では全部忘れちゃったけど)

お香の匂いをかぐとあのお寺での塾の事を思い出します。
先生は今でも元気にしていらっしゃるでしょうか?

16September08-02.jpg




 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:好きな事 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.15(Mon) 12:15
昨日は気温が下がって、どんより曇り空の一日でした。
これから夜と昼の気温差が大きくなって、そろそろ紅葉が始まって秋もいよいよ本番でしょうか。
昨日は夜の気温が6度くらいまで下がるとニュースで聞いた寒がりのアイスベアはびびりまして、暖炉に火を入れました。(やったのは夫です)

14September08-05.jpg

暖炉の火は暖かくて幸せな気持ちになります。
ポカポカして外の寒さを忘れてしまいそう・・・そんなに寒かった訳じゃないんですけど。
今夜も寒いみたいなんですが、今日は夫が出張でいません。
アイスベア、自分で暖炉の火起こせるでしょうか??




話は変わりまして、今年の夏中に実現できそうにないかもなぁ、とあきらめかけていた事、それは長男が自転車に乗れるようになる事、でした。

転ぶのが怖くて、なかなか練習しようとしない長男。
幼稚園のほかの子供は長男よりも小さいけど、補助輪ナシでスイスイ自転車こいでいたりして、アイスベア、複雑な気持ちでした。
が、昨日、とうとう、自転車に乗れるようになったんです!!
イヤッホー!!!
思わず小躍りして喜びました。

いやー、よかったよかった。
長男も何となく、他の友達が自転車に乗るのを見て、劣等感感じていた様子でしたから。

14September08-06.jpg

まだまだヨチヨチ歩きの自転車乗りなので、時々茂みに突っ込んだり、転んだり。
それでも、自転車に乗るのが前よりも楽しくなったみたいです。

来年の夏は一緒にサイクリングに行けそうです。



 
Trackback(0) Comment(8) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.08(Mon) 14:25
すっかり秋めいてきた今日この頃。
明日は幼稚園でピクニックに行くそうです。
行き先は園児の足で歩いて10分くらいのところ、いつも村祭りなんかが行われる場所。
「明日お天気が良いので、ピクニックに行きます。9時半までに幼稚園に来る事、ピクニックのお弁当を持たせて下さい」という旨の貼紙が幼稚園にありました。

日本だったらきっとお母さん達豪華なピクニック弁当を作るんでしょうね。
私は何をお弁当に持たせようかって考えました。
いつものサンドイッチとリンゴとバナナ、それにプチトマト。
それから、菓子パンでも作ろうかな、ってことで、さっき出来上がったパンがこれ。

08September08-01.jpg

普通のロールパン生地にチョコを混ぜて、カメさんの形に成型してみました。
甲羅の部分が思ったよりも膨らんだのですが、かろうじて亀に見えますよね?ね?

幼稚園に行く途中にお庭にカメを飼っているお家があって、子供達カメさん観察をよくやっています。
たまに「もしもしカメよカメさんよ~♪」と歌も歌ってくれます。
味はいつものロールパンだけど、果たして明日は食べてくれるかな。

話は変わりまして、この容器の中身、何だと思います?

08September08-02.jpg

答えは「納豆」。
先週作った納豆が食べごろになったので、小分けして、冷凍するのです。
つい最近までは我が家で納豆食べるのは私だけでしたが、なんと、どういう訳か次男が納豆をもりもり食べるようになり、長男も、負けじとほんの少しですが食べるようになりました。
嬉しいことですね、納豆は体にもいいし。
我が家の納豆消費量が増えたので、アイスベアも納豆を作る機会が増えました。

ドイツに暮らして8年目ですが、納豆をこうも頻繁に作るようになるなんてね。
手作り納豆は大豆の味がしてお店で売っているのとは少し違う美味しさです。
夫は相変わらず臭い!って食べませんが・・(よかったー)。




 
Trackback(0) Comment(6) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2008.09.02(Tue) 14:45
うちのすぐ近くに農場があります。
この農場は隣の市の青年刑務所の所有です。
ここで働いているのは、服役中の青年達。
だけど、入り口の門はいつも開いているし、鉄格子で囲われているわけではありません。
一見普通の農場です。

この農場では春先にはお花を、夏から秋、初冬には季節の野菜を作っています。
ここで取れた野菜は一般市民に売られています。

アイスベアは夏になるとここでよくサラダやトマトやズッキーニなどなどの野菜を買います。
値段はとっても良心的。
例えば、サラダは一つ50セント。
ただ、この農場は、予算の関係で、高い肥料とか農薬を買えないらしいので(噂です)、野菜の大きさもまちまち、サラダにはよくナメクジのウンチがついています。
つまり今流行のBio野菜って訳ですね。

この土地でその日に取れたとても新鮮で安心な野菜が良心的な値段で買えるってだけで魅力的なのに、ここは、実はいろいろおまけしてくれるんです。

「サラダ一個」と言えば、サラダを1個、時には小ぶりだからって2個もおまけにもらえたり、
「チェリートマトを500グラム」と言えば、700グラムくらい籠に入れてくれたり、
時には珍しい品種の野菜をお試しにもらったりとメチャ得した気分になります。

味も美味しいんですよ。
きちんと野菜の味がします。

今日もアイスベア、刑務所の農場へ行って来ました。
買ったのは、玉ねぎ3キロ(↓ 注:4キロくらいあります)、サラダ、ムラサキのパプリカ、チェリートマト、なすび。全部で6ユーロ20セントでした。



こちらは先日行った時のもの。
デッカイトマト二つはおまけでした。
全部で5ユーロだったかな?

26August08-02.jpg

残念なのは冬の間はほとんど収穫がないこと。
冬になると、青年達はどうやら、春先用のお花の苗を育てているようです。

さすがに、農場の写真は撮る勇気がありませんでした(笑)

 
Trackback(0) Comment(8) 
Category:食べ物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2008 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。