dj_top

アイスベア

Author:アイスベア
南ドイツの田舎で
専業主婦やっています。
在独13年になりました。
家族はドイツ人の夫と子供が2人。
日々の喜怒哀楽を綴ります。
お気軽にコメント残して行って下さいね。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメントありがとうございます!





Weather by Freemeteo.com

Weather by Freemeteo.com

にほんブログ村 海外生活ブログへ banner_12.gif

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

この人とブロともになる

メールもお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

南ドイツの田舎に住むアイスベアの徒然日記
http://eisbaer.blog36.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.10.28(Fri) 09:42
今年の5月に引越しをした我が家。
恐らく使ったダンボールは100個くらい。
そのうち、50箱くらいが新しく買ったダンボールで、
後は借りたり、もらったりした物でした。
今でも、地下の物置にはダンボールに入ったままの物があるのだけど、
取りあえず必要のない荷物なので、しばらくはまだダンボールに入ったままで、
もしかして、一年後とか、ダンボールごと処分、という事も有り得るかも。

そして、使用済みのダンボールって意外と場所を取るもの。
夏の終わりにスーパーの「売ります買います」コーナーに
「引越しダンボール40個、一個1ユーロで売ります」と張り紙を貼って置いたけど、
だーれも興味を示さず、ダンボールは次第にインテリア化して行った・・・・。

一度張り紙も書き直したりしたけど、誰も見向きもしないのか、
一体まだ張り紙はまだあるのだろうか???と思い始めた秋のある日、
電話が鳴って、ダンボールに興味があると。

その日のうちに電話をくれた女性と彼女の旦那さんが家に来て、
値切られたはしたけど、めでたく全部完売!!
ヒャッホー!!

こうしてダンボールは次の使命を果たすために
売られて行ったのでした。

ところで、日本だったら、引越し業者って客取り合戦で営業も大変のようですが、
業者さんを通じて引っ越しする場合は
ダンボールは持って来てくれるし、
終わったら引き取ってくれますよね。
(私の過去の経験)
日本のサービスって素晴らしい。
日本のサービスは素晴らしいと思う反面、
使ったダンボール箱は、捨てられちゃうのかなという疑問が浮かびます。
そうやって、引越し業者やダンボール業者の利益が生まれるのでしょうが、
ダンボールは一度使ったら後はゴミなの?

ドイツでは「サービス」っていう言葉はないに等しいものだけど、
ドイツの方が物を大切にする精神は日本よりも日常に溢れていると実感します。

ちなみに、今回のダンボールの儲けは、25ユーロでした。
元はもちろん取れなかったけど、ゴミにすることなく、また誰かに使ってもらえるので、満足です。

それに玄関がスッキリして、これが一番嬉しいかな。

家で仕事を終えたダンボール達、次は12月中旬にハンブルグに向かうそうです。
しっかり頑張れよ~!!


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


フランクフルト生活情報
 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(0) 
Category:お引越し 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.05.14(Sat) 18:34
引越しして一週間が経ちました。
まだ引越し荷物が散乱しています。
これはリビング。



段ボール箱の合間からテレビのスポーツニュースを観るサッカー命な長男。

窓から見える庭もまだ全く出来ていません。
予定では、テラスに石のプレートが敷かれて、
その先は芝生になる予定。

14Mai2011-03.jpg

そして、これがキッチン。
写真に写っていない側は
いろーーんな物がごちゃごちゃとあって、とてもお見せ出来ません。

新しいキッチンのハイライトと言えば、
ガスコンロでしょうか。
ドイツでは電気のコンロが圧倒的に多いです。
この町にはガスラインが来ていませんので
キッチンの棚の中でプロパンガスがドンと居座っています。
それでも、私の強~い希望でガスコンロにしてもらいました。

いや~、やっぱりガスの火で料理するのはいいです!!

話は変わりまして、
今日、家がこんな状態であるのにもかかわらず
夫はミュンヘンのスタジアムまでFCバイエルンの試合観戦に行きました。
どうやってチケットが手に入ったのかというと、
今日、FCバイエルンと敵対するVFB Stuttgartのファンクラブの会員の同僚から
買ってもらったらしいです。
ってことは、観戦するのはStuttgart側!!
これを我が家では「魂を売る行為」と呼んでいます。

いやはや、全く、呆れて物が言えません。
明日は、しっかり働いてもらおうと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フランクフルト生活情報

 
Trackback(0) Comment(11) 
Category:お引越し 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.05.12(Thu) 13:09
お久し振りです。
ドイツでは、このところ、ずーっとお天気が良くて
まるで夏がやって来たようでした。
今日は雨が降っています。
太陽も中休みしているようです。

さて、週末の我が家の一大イベントの
引っ越しが無事終わりました。
昨日は今まで住んでいた借家をオーナーに返しました。
空になった家を見るととても不思議な気分でしたが、
5年間暮らした家、色々思い出もあって、
ちょっと淋しい気分でした。

今日からは新居の方の片付けに集中できます。
集中、というより、自分のペースでのんびり片付けと言った方がいいでしょう。
よくネットサーフィンしてサボっていますから、ハハハハ。

さて、新居の方ですが、
この家の工事を始めてから
ドイツの割には
スムーズに事が進んでいるなと思っていましたが、
やはり甘かった。
色々と未完成なところがありました。

例をあげますと、
二階のバスルームのトイレの便座が無い。
→運んでいる時に壊れて、もう一度注文しているとのこと。

バスルームのシャワーのガラスの囲いが無い。
→注文して出来上がるまでに2週間かかるそうです。

地下の部屋のフローリングの床の一部が未完成。
→床の湿気がまだあるのであと2週間はこのままにして湿気を出した方がいいそうです。

・・・とまあ、他にもあるのですが、こんな感じでした。

不便ですが、まあ、生活できない事もない。
昨日はバスルームのトイレの便座を夫が自ら取りに行って
取り付けたのですが、取り付けたところで
注文した物と違う事が発覚。
ドイツ人ってどうしてこうマヌケなのか、呆れて物が言えない状態でしたよ。
いえ、すべてのドイツ人というわけではなく、この場合、ごく限定されたドイツ人です。
もちろん、夫もかなり怒っていました。

という訳で便座はまだ付いていないままです。
もう一つ一階にトイレがあってよかったわ。

まだ家中ダンボールの山だし、いちいち物を探し歩く生活だけど、
新居は光が一杯入って明るくていいです。

カーテンがないので、お隣さんから丸見えなんですけどね・・・。


そんな訳で、今日もダンボールと格闘です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フランクフルト生活情報







 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:お引越し 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.04.27(Wed) 10:06
子供達がイースター休暇の前半は
義姉のところにお泊りに行っていまして
気味が悪いくらい静かな我が家です。
お陰で荷造りがはかどります。

今のうちに古いおもちゃを処分せねば!!



この家に引っ越して来たのは
確か5年前。
上の子は3歳、下の子は1歳。
引越し荷物はとりあえず、どこかに突っ込んで置いて
時間のある時に整理しようとずーっと思っていて
今日に至る、と。

すごいです
不用品が山!

私も夫も物を捨てられない性格で
「何でこんな物まで取っておいたのかしら?」
ガラクタが出て来る出て来る。

ごみの山と引越しのダンボールで
家の中を移動するのがなかなか大変。

電話が鳴ってる!
でも電話にたどり着くまでに
いつもの3倍くらい時間がかかります。

棚にはもうあまり物は入っていないけど
今でも普通に生活出来るんですよね。
・・・ってことは、このダンボールに詰めたものも
実は全部不用品なの??


約10日後に引越しです。
これが私の人生で最後の引越しになるはず。
次こそは、モノの少ないシンプルな生活を目指します!!


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

フランクフルト生活情報


 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:お引越し 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ドイツ田舎暮らし, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。